TOP > ニュース 一覧

【K-1】新王者・山崎秀晃「ゴールデン・フィスト、強打、KOでK-1を証明していく」

2020/09/23(水)UP

K-1大阪大会の一夜明け会見に出席した新王者・山崎

 9月22日(火・祝)、エディオンアリーナ大阪にて行われた『K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K-1秋の大阪決戦~』で安保瑠輝也(24=team ALL-WIN)に1R 1分19秒、KO勝利しK-1 WORLD GPスーパー・ライト級新王者となった山崎秀晃(33=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)が、大阪市内にて行われた一夜明け会見に出席した。

 ファン、仲間への感謝の言葉から会見が始まり「集大成という試合ができたんじゃないかと思いますし、プロフェッショナルとしてはこれがK-1、これがゴールデン・フィストという試合をお届けできたと思っているので、今手元にベルトがあることで非常に満足しています」と、今の心境を話した山崎。

山崎のゴールデン・フィスト(黄金の拳)が安保を襲う

 1R1分の早期決着となった試合を振り返ると、勝機は長年のキャリアにあったという。試合を組み立てる中で臨機応変に、これまで積み重ねたものが出せればいいと焦りもなく、最後の決着となったパンチも「いいタイミング、いい角度でパンチが当たってくれた」と、日々練習しているパターンのうちの1つがはまったようだ。

 試合に向けて左膝にはしっかりとテーピングが巻かれていたが、試合前から調子が思わしくない期間があったと告白。しかし、その影響を受けて早期決着を狙う考えは、一切なかった。
「判定でも勝とうと思っていましたし、チャンスがあれば行こうと思ってました。実際、1つめのダウンを奪ったところでチャンスだと思ったので畳み掛けにいきました」と言う。

試合後のリングで記念写真に収まる山崎。左膝にはしっかりとテーピングが巻かれている

「K-1のベルトを取った時には息子をリングに上げたい」と願っていた山崎。その念願が叶い、試合直後にリング上で家族とともに写真に収まった。

 リングを後にする山崎にリングサイドやバルコニー席から、応援に駆けつけた仲間からの祝福の声がかかると手を上げて応え、会見でも「ベルトというひとつの形で証明できたということに関しては、周りの仲間も喜んでくれましたし、たくさん連絡もいただきました」と、ファンや仲間に支えられたキャリアを自負し、改めて感謝の言葉を口にした。

 対戦した安保瑠輝也は階級アップを公言していたが、敗戦を機にスーパー・ライト級に留まることを明かし、今大会では平山迅がタイトル挑戦経験もある不可思を下し台頭、Krush同級王者の佐々木大蔵もいる激戦区の同級にあって、山崎は「ゴールデン・フィスト、強打、KOでK-1を率先して証明していくような存在になりたい」と、今後への意気込みを語った。

●編集部オススメ

・【K-1】山崎秀晃、安保瑠輝也に失神KO勝利で新王者に(動画あり)

・[前日計量]王者・安保瑠輝也「分かりやすいKO決着を」山崎秀晃「やってきたこと全て出す」

・[試合後コメント]KOで新王者の山崎秀晃“引退覚悟で挑んだ”

・【K-1】王者・江川優生が敗れる、椿原龍矢の当てさせない巧さ(動画あり)

・武尊、才賀紀左衛門とエキシを盛り上げる「K-1のリングを選んでくれた」(武尊)※動画あり

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧