TOP > ニュース 一覧

【Krush】元王者・島野浩太朗「果たし合いを」佐野純平「必ず下克上に」両者が熱戦誓う=前日計量

2020/09/25(金)UP

対戦する島野(左)と佐野(右)

 9月26日(土)東京・後楽園ホールで開催される『Krush.117』の前日計量が、25日(金)都内にて13:00より行われた。

 スーパー・フェザー級ワンマッチで対戦する、元同級王者・島野浩太朗(菅原道場)はリミットの60.0kgを59.9kgで、対する佐野純平(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)は59.7kgで両者ともに計量をパスした。

隆起した腹筋を見せて計量をパスする島野

 島野は昨年3月に西京佑馬に敗れて、Krushスーパー・フェザー級王座陥落。しかし、年末12月のKrush後楽園大会では、SATORU成合を相手にダウンを奪い合う壮絶な打ち合いの末に下し、“野生の剛腕”ぶりを見せつけた。あれから約9カ月、再び“破壊のリング”に戻ってくる。

 意気込みを求められると「この一戦に決死の覚悟をもって準備してきました。100%の状態で迎えることができたが、1人では迎えられなかったです。代表、道場の皆さんに心より感謝したいです」との感謝を述べ、“破壊のリング”であるKrushの「名前の通りの果たし合いを体現したいと思います」と意気込んだ。

対する佐野も計量をパス

 佐野と計量で顔を合わせた際に、「対峙して感じたのは、殻を破りに来ているなと感じました。この一戦をクリアして大きく変わろうと、上に行こうとそんな気持ちで準備して来たのではないか。今回はその殻を叩き壊します。全てを込めて」と、自身が壁になると宣言する。

 さらに、佐野からの「通用するものが出来て、勝てる自信が出てきた」とのコメントを聞いて、「準備して来たものを越えるものがないと、勝てないのがKrushのリングなので明日はそれを証明したい」と長年戦ってきたプライドを見せると言い放った。

覚悟の表情でコメントする島野

 最後に「自分という人間の熱も感じていただけるよう全身全霊で挑戦します」と、自信の覚悟をリングで体現すると意気込んだ。

 対する佐野はK-1カレッジ2017-65kg王者の24歳、プロではスーパー・フェザー級でキャリアを積んできたファイター。プロ戦績は8戦3勝(2KO)3敗2分ながら、今回は元王者の島野と対戦するチャンスが舞い込んできた。

テーマとして『下克上』を掲げた佐野

 元王者とのビッグチャンスを掴み、「2ヶ月間、島野選手のことだけ考えてやって来たのでそれをぶつけたい」と佐野。「島野選手とやるって決まった時は、『まじか』と思ったけど、練習していくうちに『通用する、勝てる』と自信が湧いて来たので、島野選手にぶつけたいと思います。明日は必ず下克上します」と、格上の島野に勝利宣言した。

☆9.26 Krush対戦カード、イベント日程はこちら

●編集部オススメ

・玖村将史vs軍司泰斗のタイトル戦含め5カード発表、元王者・西京佑馬、島野浩太朗ら参戦

・元Krush王者・島野浩太朗が大逆転勝利、2度のダウンを跳ね返し一撃KO

・皇治、島野浩太朗との打ち合い制す

・【K-1】山崎秀晃、安保瑠輝也に失神KO勝利で新王者に(動画あり)

・菅原美優が笑顔で計量パス、美容師になって初戦「ワクワクしています」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧