TOP > ニュース 一覧

【映画】横浜流星、キックボクサーの役作りで”マッチョ”に! 共演したムエタイ王者の小笠原兄弟も敬服

2020/10/16(金)UP

極真仕込みの技と根性も使い、キックボクサー役を演じる横浜

 11月8日(日)東京・後楽園ホールにて開催される『REBELS.67』では、「REBELS-RED(ヒジあり) 55.5kg級王座決定トーナメント」準決勝戦が行われる。
 準決勝戦ではWBCムエタイ日本統一スーパーバンダム級王者の小笠原裕典(28=クロスポイント吉祥寺)とWPMF(世界プロムエタイ連盟)世界スーパーバンタム級王者の小笠原瑛作(24=同)がそれぞれ勝ち上がり、別ブロックに陣取る。

 2人は『KNOCK OUT』が全面協力した映画『きみの瞳が問いかけている』(2020年10月23日より全国ロードショー)に出演した。本作は元極真ジュニア国際大会王者の人気俳優・横浜流星が、キックボクサー役として主演する。

55.5kg級王座決定T決勝での兄弟対決も期待される小笠原裕典(右)と瑛作

 裕典は試合やケガの関係で、横浜との試合シーン撮影をぶっつけ本番で行った。何度もの撮り直しも考えられる状況だったが「試合の時の緊張感にとても近くて、自然な感じで撮影できてすぐ『OK』だったんですよね」とスムーズにいったようだ。

 その理由は「リングで初めて向かい合ったのに、流星さんが動きをピシっと決めてしまうので。空手の世界チャンピオンになった方なのでさすがでしたね」と、元極真ジュニア世界王者経験を持つ横浜の動きに唸る。

鍛え上げられた横浜流星の肉体、盛り上がる背筋(映画『きみの瞳が問いかけている』予告動画より

 弟の瑛作は、自身がミットを持って横浜にキックボクシングの指導をし、試合シーンの手合わせを何度も行ったと言う。「僕との試合のシーンが多分『攻防』が一番多いんです。『左フックを打って、蹴って~』って、僕も流れを覚えるのは大変だったんですけど。流星君は他の試合シーンもある中でしっかりと覚えてくるので凄かったですね」とこちらも横浜の格闘技・俳優スキルに感嘆した。

小笠原兄弟が横浜流星と共演した映画『きみの瞳が問いかけている』(2020年10月23日より全国ロードショー)©︎2020「きみの瞳が問いかけている」制作委員会©️2020 gaga Corporation/AMUSE, Inc./Lawson Entertainment,Inc.

 横浜はキックボクサーとしての体を作るために、撮影までに10kg増量したと言う。瑛作は「流星君が一番最初にクロスポイント吉祥寺に来て『キックボクシングを体験してみましょう』という時から僕は見てるんですけど、体が細かったんですよ。正直『これでリングに上がると、映像で見た時に僕や裕典と体格差が目立つんじゃないか』と思ったんですね」と語る。

 瑛作は多忙の横浜のために自重で出来る筋トレや、食事のアドバイスなどをしたというが「そうしたら、撮影日に流星君の体がデカくなってて『さすがプロだ!』って驚きました。本当に凄いです。尊敬します」とリスペクトした。

 映画出演の発表で、周囲から大きな反響もあったという2人。また、裕典はウクライナ人の妻と共同制作するYouTubeチャンネルが好評だ。

 リングの外でも注目を集める2人。準決勝戦で勝利し、”小笠原兄弟対決”は実現するのか。

◆横浜のキックボクサー役のアクションシーンなどプロモーション動画

●編集部オススメ

・那須川天心が横浜流星と7年ぶり再会、流星のミットを持ち驚き

・【映画】横浜流星が10kg増量しキックボクサーを熱演、KNOCK OUT参戦のプロキック王者らと対戦

・【映画】『あゝ、荒野』ボクシング素人の菅田将暉がプロ並みの実力になるまで

・広瀬すず、キックボクシング歴3年の腕前を映画で披露、レスラー本間朋晃をKO(動画あり)

・魔裟斗のアドバイス受けた小笠原瑛作、兄・裕典との兄弟対決なるか=55.5kg級T

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧