TOP > ニュース 一覧

【Krush】吉岡ビギン「バンタム級の木村ミノルと言われている」厚みのある肉体で計量パス

2020/10/16(金)UP

厚みのある肉体で計量をパスした、吉岡

 10月17日(土)東京・後楽園ホールで開催される『Krush.118』の前日計量&記者会見が、16日(金)都内にて行われた。

 今大会では、佐々木洵樹が返上したKrushバンタム級王座の新王者決定トーナメントの初戦が行われる。今大会で、一回戦の4試合を行い、勝者4人によって12月19日(土)に後楽園ホールで開催される『Krush.120』で準決勝・決勝となるワンデートーナメントを実施し、新王者が決まる。

コメントする吉岡

 優勝候補筆頭の吉岡ビギン(team ALL-WIN)はリミットの53.0kgジャストでパス。吉岡の肉体は、軽量級とは思えないほど厚みのある筋肉に仕上がっていた。

 吉岡は、K-1スーパー・ライト級王者・安保の同門で期待の新鋭。Krush初参戦となった昨年11月の大阪大会では、連勝中で波に乗っていた蒼士と延長までの熱戦を繰り広げて判定勝利。さらに、前回は今年の3月に、元Krushバンタム級王者・晃貴と対戦し、4度のダウンを奪う圧勝を見せた。

池田と吉岡では、7cmの身長差がある

 Krushエヴァンジェリスト(伝道師の意味を持つ)の石川直生氏からの「優勝候補を挙げるとすれば、吉岡選手」との言葉があり、それを受けて吉岡は「計量も無事終えて、優勝候補である僕が、1回戦で実力を見せますので楽しみにしていてください」と、自身が優勝候補という覚悟を持ってリングに上がる。

 吉岡は、トーナメント初戦に向けて、これまでの練習で「優勝候補と言われているから、それに対する練習量をしてきました。ベルトというのはKrushデビューから思ってきて、ベルトを目掛けてずっと練習してきました」とタイトル獲得に向けて燃えている。

 記者から、勝負飯を聞かれた吉岡は「肉を食べています。バンタム級の木村ミノルと言われてるので、リカバリーで体を戻して、パンプアップさせます」と話した。

 対する、池田幸司(ReBORN経堂)もリミットジャストで計量をパス。池田は、長身から繰り出されるパンチが魅力の選手で、身長170cmと吉岡よりも7cm上回る。対戦相手の吉岡も計量で池田を目にして「大きいなという印象がありました」とコメントした。

 池田は明日に向け「優勝候補と言われていますが、100%自信があるので下馬評を覆したいです。(吉岡は)調子が良さそうなのでやってやるぞと思いましたね。何が必要なのか考えてコツコツやることやって練習してきました」と優勝候補の撃破に自信を覗かせた。

<第6代Krushバンタム級王座決定トーナメント 計量結果>

▼第7試合 第6代Krushバンタム級王座決定トーナメント・一回戦(4)/3分3R・延長1R
多久田和馬(K-1 GYM横浜infinity)→52.9kg
vs
黒田斗真(K-1ジム心斎橋チームレパード)→52.9kg

▼第6試合 第6代Krushバンタム級王座決定トーナメント・一回戦(3)/3分3R・延長1R
吉岡ビギン(team ALL-WIN)→53.0kg
vs
池田幸司(ReBORN経堂)→53.0kg

▼第5試合 第6代Krushバンタム級王座決定トーナメント・一回戦(2)/3分3R・延長1R
藤田和希(K-1ジム目黒TEAM TIGER)→52.9kg
vs
橋本実生(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)→52.9kg

▼第4試合 第6代Krushバンタム級王座決定トーナメント・一回戦(1)/3分3R・延長1R
萩原秀斗(K-1ジム総本部チームペガサス)→52.9kg
vs
峯大樹(若獅子会館)→52.7kg

●編集部オススメ

・バンタム級トーナメント開幕、吉岡ビギン、橋本実生ら注目選手揃う=10.17

・吉岡ビギン圧勝、前王者・晃貴は4度のダウンで満身創痍も立ち上がる意地見せる

・【Krush】佐々木大蔵、山崎vs安保の衝撃KO劇超え目指す「僕にしか見せられないアート見せる」

・【Krush】加藤虎於奈、兄・レオナと共に王座戴冠へ「母の命日に3本のベルトを」

・【Krush】菅原美優、MOEとの決勝戦へ「絶対獲りたい」と控えめKO宣言=女子アトム級王座T

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧