TOP > ニュース 一覧

【Krush】真優が再起戦に向け計量パス、気合いのコーンロウスタイルで「戦闘モード」

2020/10/16(金)UP

真優が、笑顔見せて気合のコーンロウスタイルで計量パス

 10月17日(土)東京・後楽園ホールで開催される『Krush.118』の前日計量&記者会見が、16日(金)都内にて行われた。

 明日の[第2試合 Krush女子フライ級(-52.0kg)/3分3R・延長1R]で対戦する、真優(月心会チーム侍)は500gアンダーの51.5kgで、対する小澤聡子(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)はリミットジャストで、両者とも計量を1回目でパスした。

 真優は大阪出身で、先月の大阪大会でK-1フェザー級王者・江川優生を撃破し、注目を浴びた椿原龍矢や、今年3月のK-1スーパーウェルター級王座決定トーナメントの準優勝者である和島大海などの、若くして実力のある選手が在籍する月心会チーム侍所属のファイター。

 ガンガン前に出て、パンチやローキックを出し続けるファイトスタイルを武器に、アマチュアでは豊富な試合経験があり、K-1甲子園のワンマッチでも勝利した実績もある。

対する小澤も計量パス

 昨年8月の大阪大会では、後にK-1女子王者となるKANAと対戦し、KANAの圧力と豪打に苦しむも、最後まで顔を腫らしながら激闘を演じた。続く同年12月には、女子初の王座を決めるトーナメントが開催され、リザーブファイトに出場したが、壽美に判定負けを喫して2連敗。今回は再起をかけて、Krushのリングに上がる。

 真優は15日、自身のSNSで、試合に向けたコーンロウスタイルの写真をアップしており、「戦闘モード」と綴っている。さらに、計量をパスした後には、「500gアンダーで計量をクリアーしました。明日は自分を信じてやるだけ。押忍」との意気込みをコメントしている。

しっかり絞った真優(左)と小澤(右)果たしてどちらが勝つか

 対する小澤は、武尊などの名門選手が揃うK-1 GYM SAGAMI-ONO KREST所属のファイター。先月のK-1大阪大会でK-1初参戦を果たしたMIOも所属する環境で、鍛錬を積んでいる。前に出る圧力が持ち味の選手だ。

 両者とも、前に出て打ち合うタイプのファイターであるため、瞬き厳禁の打ち合いが見られそうだ。

●編集部オススメ

・【K-1】再起戦のKANAが圧勝も、19歳・真優がダウン許さず健闘

・【K-1】和島大海が一撃快勝、右アッパーでラーシーシンを下す「地元大阪でKOできて良かった」

・【K-1】王者・江川優生が敗れる、椿原龍矢の当てさせない巧さ(動画あり)

・【Krush】吉岡ビギン「バンタム級の木村ミノルと言われている」厚みのある肉体で計量パス

・【Krush】菅原美優、MOEとの決勝戦へ「絶対獲りたい」と控えめKO宣言=女子アトム級王座T

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧