TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】ハム・ソヒ王座返上はONE移籍、その理由を榊原CEO語る

2020/10/19(月)UP

16日にRIZNとの契約解除が報じられていたハム・ソヒの離脱理由が榊原CEOの口から語られ、ONEとの契約が背景にあることが明らかになった。

 11月21日(土)大阪城ホールにて開催される『RIZIN.25』の対戦カード発表記者会見が、19日都内にて実施された。その会見後、RIZIN榊原信行CEOが囲み会見に応じ、16日に契約解除が報じられた第2代RIZIN女子スーパーアトム級(-49kg)王者のハム・ソヒ(33=韓国/CMA KOREA TEAM MAD)について語った。

 今月16日RIZIN事務局より、ハム・ソヒの王座返上およびRIZINとの契約解除が発表された。

 この発表内容は当初「継続参戦に向けた合意がなされなかった」とのみ発表されたが、今回榊原CEOの口から、ソヒのONE Championship参戦に伴うROAD FCとの契約解除が背景にあることが明かされた。

ソヒの強さのひとつ、山本美憂に劣らない腹筋と肩周りの筋肉=前日計量にて

 榊原CEOはこの話題の冒頭で「RIZINはプロモーションではなくフェデレーション(連合、同盟の意)」であることに触れ、ソヒが所属していた韓国最大級のMMA団体「ROAD FC」との協力関係によりソヒの参戦が実現していたと語った。しかし今回ソヒはONEへの移籍に伴い、ROAD FCとの契約を解除。それに伴い、RIZINへの参戦もできなくなったという。

 榊原CEOは前提として「選手は悪くない」と、ベルトを返上したソヒに責任はないと強調。「選手は2倍とか3倍のお金をぶら下げられたら揺れます。ONEがとんでもないお金を積んでトーナメントをやるために、RIZINのベルトを巻いたハムを引き抜いた」と、契約上の構造の問題による結果であると語った。
 ONEのチャトリCEOはONE女子アトム級(-52.2kg)グランプリの開催を宣言している。

榊原CEOは次のスーパーアトム級女王決定戦を示唆、前女王・浜崎朱加らが候補にあがる

 また空位となるスーパーアトム級の王座については「チャンピオンがベルトを返上する事態は、浜崎(朱加)や(浅倉)カンナには申し訳ない。そこまで食い下がれなかった」と、王座を目指してきた日本人選手陣の無念を代弁。今後については「(スーパーアトム級の)最強はRIZINの中にいると思うので、空位となった王座決定戦をやりたい」と新たな王者を生み出す方針を明かした。

 そして再びソヒに話題を戻すと「ハムにはONEのトーナメントで優勝してもらって、RIZINにいる最強の選手にまた挑んできてもらえる日を待ちたい。それまでは今の選手が切磋琢磨して、RIZINのベルトを獲らないと最強と言えないというところまで磨き上げたい」と、スーパーアトム級の頂点をRIZINに生み出す覚悟を語った。

●編集部オススメ

・ハム・ソヒが王座返上=継続参戦の合意ならず

・【RIZIN】山本美憂、ハム・ソヒともにキレた褐色の肉体美で計量パス

・RENAは選手引退を強調、残りの試合でハム・ソヒのRIZIN王座も視野

・山本美憂が流血、ハム・ソヒがパウンドTKO勝利、浜崎とタイトル戦へ

・朝倉未来が初王座戦に余裕「相手じゃない」対する修斗世界王者の斎藤「チャンスは必ずある」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧