TOP > ニュース 一覧

【UFC】不屈の王者ヌルマゴメドフ、足骨折など満身創痍で無敗記録を守り抜く

2020/10/27(火)UP

一本勝ちで王座統一に成功したヌルマゴメドフ(C)Zuffa LLC/UFC

 2020年10月25日(日・日本時間)に開催された『UFC254』メインイベントのライト級タイトルマッチで挑戦者のジャスティン・ゲイジー(米国)に一本勝ちし、29戦無敗のまま現役引退を宣言したハビブ・ヌルマゴメドフ(32=ロシア)。
 実は、試合前に満身創痍の状態だったことが分かった。

勝利を祝うヌルマゴメドフとチーム。「ブラザー、皆の支えがなければ、ここまで来れなかった」とヌルマゴメドフが送った感謝のメッセージが(ヌルマゴメドフのインスタグラムより)

 UFCのダナ・ホワイト社長は大会後の会見で「彼(ヌルマゴメドフ)は3週間前に足のつま先を骨折し入院していた。彼のセコンドから話を聞いた」と、強力なタックルを武器とするヌルマゴメドフが最後の追い込み時期に大切な足を負傷していたことを明らかにした。

 また、ヌルマゴメドフのコーチ、ハビエル・メンデスによれば、ヌルマゴメドフは骨折の前に流行性耳下腺炎(一般的に、おたふく風邪)を患っており、試合1、2ヵ月前の大切な時期に充分なトレーニングが行えなかったという。25日付けの英デイリー・メイル紙など複数メディアが報じている。

7月に急逝したヌルマゴメドフの父親アブドゥルマナプさん(左)。ヌルマゴメドフは父親がいないなら戦いをやめて欲しいとの母親の願いに応え引退するという(C)UFC(C)Zuffa LLC/UFC

 ヌルマゴメドフは今年7月に自身のトレーナーでもある最愛の父親を新型コロナウイルスの合併症で亡くしたこともあり、試合まで心身ともに辛い数ヶ月を過ごしてきたことは想像に難くない。実際、今回の計量でも下着を脱いでようやく計量をパスするなど、いつもと違う覇気のない姿をみせている。

 試合はヌルマゴメドフが2Rに三角絞めでゲイジーを締め落とす圧倒的勝利に終わったが、後日に公表されたスコアカードによれば、1R2名のジャッジが109をゲイジーにつけており、実質的には、不屈の精神で挑んだヌルマゴメドフの逆転勝利だった。

▶︎次ページに、ヌルマゴメドフがゲイジーに三角絞めで失神一本勝ちした瞬間の動画

●編集部オススメ

・【UFC】ヌルマゴメドフ、圧勝でライト級王座統一後にラストファイト宣言「父がいなくては戦えない」

・【UFC】ライト級統一王座戦は激戦必至、必要とあらば「100回でもテイクダウンを決める」(ヌルマゴメドフ)

・【訃報】UFC王者ヌルマゴメドフの父がコロナで死去、ギネス記録保持者

・【UFC】マクレガーがヌルマゴメドフに一本負け、試合後は前代未聞の大乱闘に

・【UFC】引退試合に臨むアンデウソン・シウバ「心の準備はできた」=11.1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧