TOP > ニュース 一覧

【DEEP JEWELS】ケイト・ロータスが惜敗も「心折れてない、プロ昇格を楽しみにして」とやる気十分

2020/11/01(日)UP

鼻から出血しながらパンチで突進するケイト・ロータス(c)DEEP

 10月31日(土)『DEEP JEWELS 30』(東京・ニューピアホール)にて[アマチュアSPルール フライ級]でMMAデビューを果たした美女で話題のケイト・ロータスだったが、惜しくも判定で敗れ、大会終了後インタビューに応じた。

 ケイトは美ボディコンテストに出場経験のある肉体派。空手と柔道で黒帯を持ち、空手では全国大会入賞歴もある。

MMAデビュー戦を白星で飾れなかったケイト・ロータスが試合後インタビュー「心は折れてません」

 そのケイトが挑んだのは極真会館の14年全日本女子軽量級で準優勝、世界選手権出場経験を持つ藤田翔子(リバーサルジム新宿Me,We)。19年1月にDEEPでMMAデビューしており、打撃を主にグラウンドでも勝負できる実力を持つ。

 試合は序盤、ケイトは打撃で真っ向勝負を挑み、一時は左ストレートをヒットさせ優勢に。しかし最終的には総合力に勝る藤田に一歩及ばなかった。

 試合の感想を問われたケイトは「悔しいの一言に尽きます。あがって(緊張して)しまって、すべてを出し切るのは難しかった」と、初のMMA戦に平静を保てていなかったことを明かした。

強烈な打撃で藤田を攻め立てるケイト(c)DEEP

 MMA転向を発表したのは4月ながら、この試合に向けた本格的なトレーニングはわずか3ヶ月ほどだったというケイト。強烈な左ストレートを何度もヒットさせる当て勘の良さを見せ、打撃で押し切る可能性も十分に感じさせた。しかし藤田のサブミッションへ対応しきれず、打撃でもペースを引き戻された結果、ジャッジ2者がマスト判定ながら、3-0の判定負けを喫した。

 悔いが残る敗戦ではあるが、ケイトは「課題はすごく見つかりました。打撃が単発になるのは改善できる」と、早くも自らの欠点を分析。「弱点も徹底的に直さないといけない。(敗戦して)悔しい反面、練習して早く強くなりたい」と、次の戦いに向け前向きな姿勢を見せる。

鼻から出血するケイトに藤田の極真ハイキックがクリーンヒット!(c)DEEP

 とはいえ明日にでも試合を求めるわけではなく「今日の試合を見させてもらって(練習する)。技術の大切さを感じました」と、欠点の改善を優先する冷静な一面も見せた。

 今回はアマチュアSPルール(グラウンドでのパウンド無し)における敗戦で、残念ながらプロ昇格はお預けとなった。しかしケイトは「気持ちは折れておらず、燃えている状態。プロ昇格を楽しみにして欲しいです」とやる気十分。冷静さと情熱を兼ね備えた姿から、近い将来に訪れる戦いに大いに期待を感じさせた。

●編集部オススメ

・[今回の試合]美ボディのケイト・ロータス、藤田の技巧の前に初MMA戦を落とす

・有終の美を飾った前澤智「負けたら第二の人生を始められないと思った」左手薬指には指輪

・美ボディ格闘家ケイトがデビュー戦、極真全日本2位の藤田翔子と対戦へ

・さくらが再起戦へ計量パス「いつまでも新人ではいられない、トップ戦線に食い込む」

・王者・前澤智が最後の計量パス「時代が幕を閉じる瞬間を見届けて」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧