TOP > ニュース 一覧

【YouTube】高田延彦が23年前のヒクソン戦裏側を語る「死刑台に向かうような・・・」

2020/11/06(金)UP

2015年12月のRIZIN記者会見で、初めて公の場で握手するヒクソン(左)と高田(右)

 11月6日(金)に、タレントで元格闘家の高田延彦が23年前の格闘技界の世紀の一戦と謳われた「高田延彦VSヒクソン・グレイシー」の裏側を語る映像が、高田自身のYouTube Channelで公開される。

 高田は先月に自身のユーチューブチャンネルを開設し、10月30日にその第1弾となる映像を公開。1997年10月11日東京ドームで行われた『PRIDE.1』のメインイベント、高田vsヒクソン戦のバックステージの様子を含むお宝映像を流した。UWFインターナショナルで戦った若き日の桜庭和志、安生洋二、高山善廣らの姿もある。

 今回の第2弾の映像も、高田自らがその様子を解説し、今だからこそ言える赤裸々な心情を語る構成となっており、その放送予告映像には「極限状態」「絶望の記憶」とインパクトのあるテロップが並び、「どんな感じでしたかと聞かれるとね。死刑台に向かうような・・・」「非常に重たい映像でしたね。私にとってはね」と、高田が発言する様子が映し出される。

 あの試合がなければ『PRIDE』も存在せず、日本の総合格闘技の原点の一つとも言うべき一戦。想像を絶するプレッシャーの中で戦いに挑んだ高田は当時何を思ったのか、そして、今何を思うのか。 

<タイトル>
『ヒクソン・グレイシーVS髙田延彦 EPISODE 2』
<公開日時>
2020116 20

▼番組予告動画(高田延彦YouTubeChannelより)

●編集部オススメ

・【RIZIN】幻の桜庭和志vsヒクソン実現へ、高田延彦と3度目の対戦も

・【RIZIN】ムサエフ未払い報道に本人が言及、高田延彦「偽ニュースあるんだな」

・【RIZIN】山本美憂の息子がヒクソンの息子と激突

・【猪木60周年会見】RIZIN 榊原代表 ”異種格闘技のムーブメント”を継承する

・【RIZIN】高田延彦が年末の酩酊解説疑惑の真相を語る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧