TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】堀口恭司の怪我の具合は? 朝倉は言い訳なしの万全の対戦を求む=12.31

2020/11/13(金)UP

朝倉は防衛戦、堀口はリベンジとタイトル奪取を狙いリングに上がる

 今年の大晦日にさいたまスーパーアリーナで開催される『RIZIN.26』の記者会見が13日(金)行われ、会見後に榊原信行代表が囲み取材に応じた。

 榊原代表は、この日発表された唯一のカードであり、大晦日のメインイベントである王者・朝倉海(27=トライフォース赤坂)vs堀口恭司(30=アメリカン・トップチーム)のRIZINバンタム級タイトルマッチについて、さらに事情を説明していく。

本日の会見にZoomでリモート参加した堀口

「恭司とは“RIZIN史上最大のリベンジマッチ”をケガの復帰からダイレクトでいいのかと、何度も確認したが、中途半端なウォームアップ試合を挟むより、進化したニュー・ホリグチとして、朝倉海にも勝つ自信を見せていた」と報告した。

 一方で朝倉からは、堀口サイドが後で”まだケガからの復帰に万全ではなかった”と言い訳できる状態では戦いたくないというこだわりがあり、大みそかに無理やりねじ込むような対戦決定にはならないで欲しいという熱意があったことを明かした。

 堀口は十字靭帯損傷の大怪我で1年4ヶ月もの間リングから遠ざかっているが、実際の具合はどうなのか。堀口は今回の会見でZoomで出演し「もう試合できるかなというコンディションは作れている。本格的な練習は夏から」と、戦う準備はできているという。

このクロスカウンターで大きなダメージを与え、最後は右フックでKO勝利した朝倉海

 その会見後、堀口はYouTubeをアップし怪我の回復について「100%とは言えないですけど、ほぼ100%に近い形には戻ってきている。怪我する前ほどでは無いが、それ(今の現状)に合わせて自分の動きを行なっているので、そこは問題ない」と語り、twitterでも「ヤったります!!」と投稿しリベンジへの自信を見せた。

 堀口と朝倉は昨年8月の『RIZIN.18』にて、ノンタイトル戦で対戦し、朝倉が1R1分8秒でKO勝利。その試合直後の会見から朝倉は「大晦日にベルトをかけて戦ってほしい」と王者・堀口に対戦を要求し、同年の大みそかに朝倉が挑戦者としてタイトルマッチが決定したが、堀口の十字靭帯を損傷の怪我で中止に。長期戦線離脱のため、堀口は王座を返上した。
 この王座をかけ朝倉とマネル・ケイプ(アンゴラ)が大みそかに対戦しケイプが勝利したが、UFCに移籍のため返上。今年8月の扇久保との王座戦で朝倉がTKO勝ちし、王者となったため、朝倉と堀口の再戦を熱望する声が多く上がっていた。

▶︎次のページは【試合動画】朝倉海vs堀口恭司 (1R1分8秒 朝倉がKO勝利)

●編集部オススメ

・堀口恭司が朝倉海に雪辱宣言、1年4ヶ月ブランクと2週間のコロナ隔離も「きっちりやり返す」

・【RIZIN】王者・朝倉海が堀口恭司との“大晦日決戦”に「日本トップの戦い、歴史的な一戦になる」

・【RIZIN】那須川天心、皇治、ムサエフ…大晦日を“集大成”と意気込み=榊原代表

・朝倉未来、野望は”対世界” UFCに「夢を追って、挑戦してみたい」

・ぱんちゃん璃奈、拳は筋膜損傷と診断、骨には異常無しで年末のRIZINは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧