TOP > ニュース 一覧

【レベルス】18歳・白幡裕星と対戦の泰史欠場、代打に45歳の日本四冠王・松﨑公則=12.6

2020/11/26(木)UP

泰史が欠場、代打に日本四冠王・松﨑の出場が決まった

 12月6日(日)東京・後楽園ホールにて開催される『REBELS.68』の対戦カード変更が発表された。

 白幡裕星(18=橋本道場)と、元新日本キックフライ級王者・泰史(伊原道場)による[52.7kg契約3分3R(延長1R) REDルール]が発表されていたが、泰史サイドから体調不良による欠場を申し入れ、代打として日本四冠王・松﨑公則(45=STRUGGLE) の出場が決定した。
 このカード変更に伴い、契約体重は53.0kgに変更。3分3R(延長1R) REDルールに変更はない。

松﨑はぱんちゃん璃奈(右)、老沼隆斗(左)を引っ張るSTRUGGLEの選手会長的存在

 松﨑はレベルス旗揚げから間もない2010年9月に初参戦。老獪なムエタイテクニックを武器に、現在のRED王座の前身であるREBELS-MUAYTHAIにおいて、2015年3月にフライ級、2016年10月にスーパーフライ級の王座を奪取。WPMF日本スーパーフライ級王座、J-NETWORKスーパーフライ級王王座を含む日本四冠を達成している。

 今年の7月で45歳を迎えた大ベテランながら、必殺のヒジを振るう姿は圧巻。同日にはジムの後輩であるREBELS REDスーパーフライ級王者・老沼隆斗(STRUGGLE)も出場する。松﨑は自身のSNSにおいて「急遽出場することになりました。準備期間ほとんどない上に相手は強豪の白幡選手という、45歳のオッサンがやることではないので、出場することにしました。老沼選手の試合前に、会場を温めておきたいと思います」と静かに決意を語った。

松﨑と対戦する白幡の左ストレート

 なお、急遽対戦相手が変更となった白幡は、主催者を通じ「この試合を楽しみにしてくださった皆様に本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。そして代役で出場してくださる松﨑選手、試合期間が短いなか出場して頂き本当にありがとうございます」と、試合に期待するファンへの謝罪と松﨑への感謝をコメント。

 また、オーソドックスの泰史からサウスポーの松﨑に変更となったが「対戦相手が松﨑選手に変わって、サウスポーの選手が相手となりました。過去10戦のうち6人がサウスポーで、今回が7人目のサウスポーの選手となります。サウスポーの方が逆に得意と感じてきていてるので、試合を楽しみにしていてください!」と問題なしの構えを見せている。

<決定対戦カード>
▼53.0kg契約/REDルール/3分3R・延長1R
白幡裕星(橋本道場)
vs
松﨑公則(STRUGGLE)

☆12.6 REBELS.68 イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・スーパーフライ級で乱戦勃発、老沼vs心直、白幡vs泰史が対戦決定=12.6後楽園

・9戦無敗女王・ぱんちゃん璃奈が他団体王者に対戦要求「ベルトを持っている選手に勝てる」

・松倉信太郎が自己ベスト“75kg級”の新設目指し「レベルスに新しい風を」

・T-98「本能のままに戦いたい」と“野生”宣言、目指すは大晦日のボブ・サップ戦

・老沼隆斗、難敵・心直を「ビックリする技でKOできたら」=12.6

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧