TOP > ニュース 一覧

【K-1】武尊・レオナにリベンジを狙う村越優汰「チャンピオンとやりたいというのが一番」=12.13

2020/11/27(金)UP

ミットにパンチを放つ村越 (C)K-1

 12月13日(日)東京・両国国技館にて開催される『K-1 WORLD GP 2020 JAPAN』。本大会で行われる[スーパーファイト K-1スーパー・フェザー級 3分3R・延長1R]で山本直樹(30=優弥道場)と対戦する村越優汰(26=湘南格闘クラブ)が公開練習を行った。

 昨年からシルバーウルフを練習の拠点にしている村越は、公開練習でミットにワンツーなどのパンチ、前蹴りやローなどを打ち込む。試合まで2週間強という段階で「いつもと変わらず。すごくいい練習ができてます」と、調整は順調に進んでいるようだ。

村越がミットに蹴りを放つ (C)K-1

 今回のテーマは“完封”で、対戦相手の山本がガンガン前に出てくるタイプだからこそ「やりづらくはないかなと思っていて、ガンガン入ってくるんだったらカウンターなりを合わせて、入ってこられないようにしたい」と試合展望を語る。

 昨年11月の武尊戦、今年3月のレオナ・ペタス戦でキャリア初の連敗を喫し、今回が再起戦となり「連敗してすごく追い込まれているので、負けられないという気持ちがいつも以上に増して出てますね」と、連敗脱出に燃える。「技術どうこうではなく、自分本来の戦い方ができてなかったというのがあったので、本来の戦い方に戻ってやれば特に問題なく勝てるかなと思ってます」と、原点回帰を誓う。

武尊にパンチを打ち込む村越(2019年11月)

 また、来年1月の『K’FESTA.4』では連敗を喫した相手、武尊とレオナがタイトルマッチを行う事に対しては、「対戦した相手なので興味はあります。『どっちが勝つんだろう?』という感じで結果は楽しみにしてます。試合なので何があるかは分かりませんが、打ち合う感じになるんだったら武尊選手の方が分があるかなとは思いますけど」と予想。試合結果次第では、狙う“王者”が代わることになるが、「チャンピオンとやりたいというのが一番なので、レオナ選手が勝てばそっちを狙うことにはなるんですけど、武尊選手にも負けてるので、そこもやり返さないといけないとは思ってます」と、タイトル優先であることを表明。

村越はレオナ・ペタス(左)にはKO負けを喫している(2020年3月)

 村越が近い将来にタイトルマッチまでたどり着けば、連敗したどちらかとのリベンジマッチということになる。そこに行くには「インパクトを残さないといけない。みんなのインパクトの残し方=単純にKOだと思うんですけど、僕の戦い方はKO勝ちはあんまり合ってなくて、完封して技術を見せるスタイルです。そこは無理にKOを狙わないで、うまい戦い方をして勝ちたいなと思います」と、あくまで技術で魅せるとアピール。最後に「今は負けてる状態ですけど、最後にしっかり勝って、“村越復活”を見せて今年を締めくくります」と改めて復活宣言を放った。

☆12.13 K-1 対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・【K-1】レオナ・ペタス、村越優汰に圧巻のKO勝利で武尊戦をアピール「僕が一番強い」

・【K-1】武尊が村越優汰の徹底した対策に苦しみながらも判定勝利(動画あり)

・【K-1】武尊と競り合った村越優汰「1R終わって全然いけると思った」と語るも負けを認める

・【RISE】那須川天心が宿敵・村越優汰を破り初防衛に成功

・【K-1】武尊、卜部功也らが次々と京太郎の“悪事”を暴露「もうジャイアンにしか見えない」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧