TOP > ニュース 一覧

ボクシング五輪金&世界3階級女王のクラレッサ・シールズがMMAに転向か

2020/12/01(火)UP

五輪連覇でプロでも世界三階級制覇を果たしたクラレッサ・シールズ

 ボクシングの2大会連続五輪金メダリストでプロボクシングでは世界3階級制覇王者のクラレッサ・シールズ(25=米国)が、総合格闘技(MMA)に転向することを格闘技メディア『MMA Junkie』が11月30日に報じた。

 シールズは2012年ロンドン五輪、2016年リオ五輪と2大会連続で女子ボクシングミドル級の金メダルを獲得。
 リオ五輪後にプロに転向し、現在、世界ミドル級4団体統一と3階級制覇王者となった。

タイソンと激闘を交わしたロイ・ジョーンズ(右)とツーショットのシールズ(左)(シールズの公式インスタグラムより)

 同メディアが入手した2人の匿名情報によれば、シールズは30日に北米MMA団体のPFL(プロフェッショナル・ファイターズ・リーグ)との契約にサイン。
 参戦予定としては来年にライト級で試験的に1試合を行い、継続参戦はその後になるという。本件についてのPFLからの公式発表はまだない。

 来年はボクシングと並行しながら、徐々にMMAへの移行を固めることが予想されるシールズ。数年前からMMA参戦に興味を示しており、1年前の2019年12月には、UFC2階級制覇王者のアマンダ・ヌネス(32=ブラジル)とボクシングルールでの対戦に興味があると話し話題になったが、実現には至っていなかった。

PFLライト級女王のハリソン。五輪金メダリストによる「ボクシングvs柔道」ドリームマッチなるか?(ハリソンの公式インスタグラムより)

 K-1で活躍したレイ・セフォーが代表を務めるPFLは、12年のロンドン五輪、16年のリオ五輪で2大会連続で金メダル(78kg級)を獲得した柔道家のケイラ・ハリソン(30=米国)が18年に参戦し、7戦全勝で現ライト級王者となっている。
 ハリソンは別団体のベラトールの世界フェザー級王者クリス・サイボーグ(35=ブラジル)との対戦を口にするなど、注目が集まっているが、ボクシングの五輪金メダリストのシールズがこれに加わると、世界の女子MMAがより一層盛り上がるに違いない。

 ▶︎次ページは、女子ボクシング五輪金メダリスト・シールズのハイライト映像

●編集部オススメ

・“女子柔道五輪金メダリスト”ケイラ・ハリソンが4団体世界王者サイボーグとの対戦に意欲、注目の北米メジャー団体交流戦となるか

・シールズと練習したと話すギャビ・ガルシアの記事

・【INVICTA】“女子柔道五輪金メダリスト”ケイラ・ハリソンが“大流血”パウンド葬「ブロック・レスナーの女性版だ」と驚愕の声

・【柔道】TBCと契約した美しすぎる世界女王ビロディド、水着写真も

・ビキニ界の超新星、22歳・河野と女子大生の柿が同点で熾烈な争いに

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧