TOP > ニュース 一覧

【ONE】元K-1世界王者グレゴリアンが“負けられない”復帰戦へ、キック-70kg階級は世界トップ激戦!=12.4

2020/12/04(金)UP

2015年のK-1初代-70kg初代王座決定戦を制したグレゴリアン。強豪ピケオーを含む全3試合KO勝利は衝撃だった

 12月4日(金)シンガポール・インドアスタジアムにてアジア最大級の格闘技団体ONEチャンピオンシップ(以下、ONE)が「ONE: BIG BANG」を開催。今年8月にONEと契約した元K-1世界王者のマラット・グレゴリアン(29=アルメニア)が待望のONEデビュー戦を飾る。

 グレゴリアンは-70kgで世界トップレベルの実力を誇る選手。2015年7月の『初代K-1 WORLD GP -70kg(現スーパー・ウェルター級)王座決定トーナメント』は3試合連続のKO勝ちで制覇。17年のKunlun Fightで開催された16人制の世界トーナメントでは、スーパーボーン・バンチャメーク(タイ)を1Rわずか29秒でマットに沈め優勝。
 昨年5月にライバル関係にあったシッティチャイ・シッソンピーノン(タイ)とGloryライト級王座決定戦を争い判定勝利を収め王座獲得。直近の試合は昨年12月の『GLORY73』でエルビス・ガシ(米国)をKOで下し、王座防衛に成功した。

グレゴリアン(右)の相手はロシアのコンドラチェフ(左)(c)ONE Championship

 グレゴリアンは今回、キックボクシングルールのフェザー級ワンマッチでVityaz Fight Teamに所属するイヴァン・コンドラチェフ(ロシア)と対戦。1年ぶりのリング復帰で最高のパフォーマンスを期待されるが、決して落とすことのできない戦いだ。

 ONEのキックボクシング・フェザー級は世界トップクラスの強豪が勢揃い。
 現在、世界王者は空位となっているが、ランキング1位に元K-1世界王者でONE同級GP制覇王者のジョルジオ・ペトロシアン(イタリア)、元クンルンファイト世界王者のスーパーボン・バンチャメーク(タイ/ランキング2位)、エンフュージョン世界トーナメント優勝のタイフン ・オズカン(トルコ/同3位)。
 さらに、既にONEで活躍しているサミー・サナ(フランス/同4位)やヨドサンクライ・IWE・フェアテックス(タイ/同5位)、グレゴリアンのライバルのシッティチャイと、錚々たる面子が揃っている。

豪腕を振るうグレゴリアン(左)

 ここから王座を巡る熾烈な争いが予想され、王者を目指す選手は誰も敗戦は許されない。元K-1世界王者の完全勝利が期待される。

▶︎次ページ、1年ぶりの復帰戦に挑むK-1元世界王者グレゴリアンの“破壊的な”ミット撃ち映像!

●編集部オススメ

・【K-1】グレゴリアンが全試合KOで優勝=15年7月

・【GLORY】絶対王者シッティチャイ、元K-1王者グレゴリアンの挑戦退けV5

・【ONE】GLORY王者グレゴリアンと前女王メクセンが契約、ペトロシアンやスタンプとの対決なるか

・【ONE】ランク2位・松嶋こよみが“青木真也を極めた”100%フィニッシャーのトノンと対戦、スタンド距離が勝負

・【ONE】内藤大樹vsハガティ、旧K-1の”エロジマン”も電撃参戦=12.11シンガポール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧