TOP > ニュース 一覧

【レベルス】バズーカ巧樹が大谷翔司を突き飛ばし一触即発、昼夜大会の全選手が計量パス=12.6後楽園

2020/12/05(土)UP

REBELS王者・バズーカが計量パス

 12月6日(日)東京・後楽園ホールにて開催される昼夜2部構成興行『REBELS.68』&『REBELS.69』。夜の部『REBELS.69』の[メインイベント(第7試合)63.0kg契約3分3R・延長1R BLACKルール(ヒジ無し)]で対戦するバズーカ巧樹(菅原道場)、大谷翔司(スクランブル渋谷)が計量に臨み、バズーカが63.0kg、大谷が62.9kgで計量をパスした。

 計量後の記者会見の始まり、カメラに視線を送るよう促された両者は、お互いの顔をにらみつけ合うフェイスオフのまま仁王立ち。そして主催者からの着席の合図を受けると、バズーカが大谷の胸を突き飛ばし、一触即発の空気を漂わせた。

「過去最高と言っていい」と調子の良さをアピールした大谷

 明日の一戦への準備を問われると、バズーカは「(火薬の準備は)満タン。明日リングですべてを見せる」と、お馴染みの”バズーカ節”で回答。さらには「前回よりも多く火薬が入っています」と、今年8月にREBELS-BLACK 63kg級王座を勝ち取った丹羽圭介戦以上の仕上がりを匂わせた。

 対する大谷は「過去最高と言っていいくらい体重的にも練習の調子もいい」と、こちらもコンディションに自信アリ。バズーカの”火薬は満タン”発言に対し「不発弾処理の準備は完了しました」と、元自衛官らしい表現でバズーカ攻略を宣言した。

会見に出席した(左から)バズーカ、REBELS宮田プロデューサー、大谷

 締めのコメントを求められると、大谷は「今年最後のレベルスの試合。それにふさわしい試合を見せられる」と自信を見せ、バズーカは「明日は圧倒して勝つ」とシンプルにコメント。2020年のレベルス最終戦にふさわしい激戦が期待される。

 その他、昼夜大会全19試合の出場全選手が計量を一度でパスした。計量結果とコメントは以下の通り。

<計量結果>
【REBELS.69】
▼メインイベント(第7試合)63.0kg契約 3分3R・延長1R BLACKルール(ヒジ無し)
バズーカ巧樹(菅原道場/REBELS-BLACK 63kg級王者) →63.0kg
vs
大谷翔司(スクランブル渋谷) →62.9kg

▼セミファイナル(第6試合)73.5kg契約 3分3R・延長1R BLACKルール(ヒジ無し)

第二部セミ・T-98

T-98(クロスポイント吉祥寺) →73.3kg
「やれることはやってきた。
 明日はフィジカルを活かして、ガチャガチャしてゴリゴリして勝ちたい」

vs

第二部セミ・松倉信太郎

松倉信太郎(TRY HARD GYM) →73.3kg
「今格闘技界を引っ張っている選手は覚悟ができている。
 明日は自分も腹をくくって皆さんを魅せられる試合をしたい。
 キレイに倒すことが一番理想的」

▼第5試合 63.0kg契約 3分3R・延長1R BLACKルール(ヒジ無し)
丹羽圭介(TEAM ニワールド) →62.9kg
「ここ1年いろいろありましたが、終わり良ければすべてよし。
 上手くいかないことがあっても自分を信じること、希望を持ち続けることで
 最高の結果が得られることを証明する戦いが明日」
vs
耀織(Y’s glow) →62.4kg
「明日はめいいっぱい楽しもうと思います!」

▼第4試合 65.0kg契約 3分3R・延長1R BLACKルール
鈴木千裕(クロスポイント吉祥寺) →64.8kg
「今回の試合も当然KO一択。全力でKOを狙いに行く」
vs
渥美尚也(HIDE GYM) →64.6kg
「初出場なので、きっちりインパクトある試合をします」

▼第3試合 57.5kg契約 BLACKルール(ヒジ無し)
光太朗ZLS(チームゼロス) →57.3kg
「初参戦なので、印象的な試合にしたいと思います」
vs
龍聖(TRY HARD GYM) →57.3kg
「明日は松倉さんと自分の試合以外パッとした試合がないので、次のスターになる存在だと証明したい」

▼第2試合 77.0kg契約 3分3R・延長1R BLACKルール(ヒジ無し)
吉野友規(スタージス新宿) →76.4kg
「今年アラサーといわれる最後の年。しっかりと覚悟をもったと思われるような試合をする」
vs
小泉 竜(池袋BLUE DOG GYM) →76.9kg
「明日はがんばります!」

▼第1試合 女子48.0kg契約 2分3R・延長1R BLACKルール(ヒジ無し)
山上都乃(WSRフェアテックス湖北) →48.0kg
「パンチで打ち合えるように準備してきたので、明日はERIKO選手と面白い試合をします」
vs
ERIKO(ファイティングラボ高田馬場) →47.8kg
「レベルスのインタビューで山上選手がパンチで打ち合うと言っていたので、楽しみにしています」

▼オープニングファイト第2試合 61.0kg契約 3分3R・延長なし BLACKルール(ヒジ無し)
柴崎”ワンパンマン”亮(team AKATSUKI) →61.0kg
「ハイキックを死ぬほど練習してきたので、ハイキックでKOしようかな」
vs
斧田雅寛(KIBAマーシャルアーツクラブ) →60.9kg
「柴崎選手とはアマチュアで対戦してKO負け。
 勝つのは当たり前ですが、判定ではなく必ずKO勝ちします」

▼オープニングファイト第1試合 53.5kg契約 3分3R・延長なし BLACKルール(ヒジ無し)
宮下友樹(team AKATSUKI) →53.1kg
「対戦相手がお父さんより年上なので負けられない。落ち着いて自分らしい戦いをして勝ちたい」
vs
山岡由忠(クロスポイント大泉) →52.6kg
「経営するカフェの新店オープンに向け、勝って弾みをつけたい」

【REBELS.68】
▼メインイベント(第8試合)52.0kg契約3分3R延長1R(REDルール)

第一部メイン・老沼隆斗

老沼隆斗(STRUGGLE/REBELS REDスーパーフライ級王者) →51.7kg
「初のレベルスメインイベント。
 (心直は)胸を借りると言ってますが、お互いに倒しに行く感じの試合ができれば」

vs

第一部メイン・心直

心直(REON Fighting Sports Gym) →51.9kg
「明日は胸を借りるつもりで、レベルスでいい試合をします。
 3Rまでスタミナも落ちなくて殴り合いなり蹴り合いの距離でやらされる。
 倒して勝つのは無理。判定で勝ちます(笑)」

▼セミファイナル(第7試合)56.0kg契約 3分3R延長1R REDルール

第一部セミ・栗秋祥梧

栗秋祥梧(クロスポイント吉祥寺/元大和フェザー級王者) →55.9kg
「明日はレベルス今年最後の大会なので、しっかりKOしたいと思います。
 1~2Rはテクニックを見せるけど、KOできるところは狙っていく。
 (KOブローは)左フックか縦ヒジなので警戒しておいてください。」

vs

第一部セミ・ダウサコン

ダウサコン・モータッサナイ(タイ/ウィラサクレック・フェアテックスジム/元WPMF世界スーパーバンタム級王者) →55.9kg
「明日にむけ緊張していますがとてもうれしい。
 (栗秋の印象は)パンチ・ヒジが強いらしいので、蹴りやテクニックで倒したい」

▼第6試合 53.0kg契約/REDルール/3分3R・延長1R
白幡裕星(橋本道場) →52.9kg
「対戦相手は変わりましたが、僕が目標として売る部分は変わってない。
 明日は松崎選手の試合をさせずに僕が倒して勝ちたい。」
vs
松﨑公則(STRUGGLE) →52.8kg
「急なオファーな上、白幡選手めっちゃ強い。
 逆境を跳ね返して明日は僕がMVPを取ります」

▼第5試合 55.5kg契約/REDルール/3分3R・延長1R
壱・センチャイジム(センチャイムエタイジム) →55.3kg
「あまり多くを語っても口ではなんでとでも言える。
 明日はキラキラ壱っちゃん復活ロード第一章」
vs
鈴木貫太(ONE’S GOAL) →55.4kg
「壱選手は強い選手ですが、勝つために練習してきた。
 明日は自信を持って挑みたい」

▼第4試合 REBELS-RED 53.5kg級王座決定リーグ戦/REDルール/3分3R
安達浩平(2点/team AKATSUKI) →53.4kg
「53.5kgリーグ戦で2試合目。お互い2点同士なので、ここを勝ってベルトに挑みたい」
vs
響波(2点/Y’s glow) →53.2kg
「この試合が10代最後の試合。しっかり決めてベルトに近づけたら」

▼第3試合 71.5kg契約/REDルール/3分3R・延長1R
津崎善郎(LAILAPS東京北星ジム) →71.5kg
「今年は2戦やって2戦ともチャンピオン。明日もラウェイのチャンピオンで楽しみ。
 レベルススーパーウェルター級のベルトが欲しいので、明日は勝ってつなげたい」
vs
渡慶次幸平(クロスポイント吉祥寺) →71.3kg
「ワンマッチスポンサーを取り返すために今回は絶対勝ちたい。
 11月の負けをみんなが忘れるくらいの試合を見せて、ボーナスもらって笑顔で2021年に乗り込みたい」

▼第2試合 55.5kg契約/REDルール/3分3R・延長1R
森岡悠樹(北流会君津ジム) →55.3kg
「前回55.5kgトーナメントのチャンスをものにできなかった。
 今回の相手は古村兄弟で名前が通ってるので、しっかりここを勝ちたい。」
vs
古村光(FURUMURA-GYM) →55.0kg
「1年1ヶ月ぶりの試合。強くなっているところを見せたいと思う」

▼第1試合 ミネルヴァ・スーパーフライ級(52.16kg)挑戦者決定戦/2分3R・延長1R
佐藤”魔王”応紀(PCK連闘会) →51.5kg
「明日の試合では自分がすべきことをしっかりできるようにがんばりたい」
vs
IMARI(LEGEND GYM) →51.9kg
「勝ったらベルト挑戦なので、まずはこの一戦しっかり勝ちたい」

▼オープニングファイト第2試合 60.0kg契約3分3R・延長なし(REDルール)
角谷祐介(NEXT LEVEL渋谷) →59.8kg
「ウルフ選手とは試合をしましたが、2年以上前の話。
 気を引き締めて臨みたいと思います。
 きっちり勝って今年試合をするジムの仲間の士気を上げたい」
vs
ウルフタツロウ(アントジム) →59.7kg
「角谷選手2年ほど前に負けているのに、試合を受けてくれてお礼を申し上げたい。
 オープニングファイトにふさわしいファイトでリベンジさせてもらう」

▼オープニングファイト第1試合 女子46.0kg契約2分3R・延長なし(BLACKルール)
ねこ太(トイカツ道場) →45.7kg
※コメント無し
vs
川島えりさ(クロスポイント吉祥寺) →45.7kg
「約2年ぶりのリング。
 前回のデビュー戦よりも練習量、質、すべてにおいて最高の状態で迎えられる。
 思い切りぶつかるので、熱い試合になる」

☆12.6 REBELS 対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・【12.6夜】計量パスの松倉信太郎「キレイに倒すのが理想」鍵はT-98の首相撲対策か

・川島えりさが12.6再デビュー戦へ計量パス「思いきりぶつかる」と熱戦誓う

・怒れる王者・バズーカ巧樹「お客さんが引くぐらいの“公開処刑”を」=12.6夜

・元陸上自衛隊・大谷翔司「修羅場の経験なら負けない」=12.6夜

・栗秋祥梧がKO宣言封じ技術戦宣言、瑛作が勝利したダウサコンを「テクニックで完封する」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧