TOP > ニュース 一覧

【レベルス】怒れる王者・バズーカ巧樹「お客さんが引くぐらいの“公開処刑”を」=12.6夜

2020/11/23(月)UP

強烈な左ミドルを繰り出すバズーカ(2020年8月)

 12月6日(日)夜に東京・後楽園ホールで行われる『REBELS.69』で、INNOVATIONライト級王者の大谷翔司(スクランブル渋谷)と対戦するREBELS-BLACK 63kg級王者・バズーカ巧樹(菅原道場)のインタビューが主催者より届いた。

 バズーカは今年2月に開催されたKNOCK OUTの無法島GPトーナメント(64kg契約 8人制ワンデートーナメント)に出場し、決勝でSB日本ライト級王者の西岡蓮太に敗れるものの、その存在感をアピール。続く8月の『REBELS.65』で前王者の丹羽圭介を判定で下し、新王者のベルトを手にするなど、勢いに乗っている。

サンドバッグにヒザを打ち込むバズーカ

 先日の記者会見で、対戦相手の大谷がバズーカに対し「僕は元々自衛隊にいて本物のバズーカを見ていたが、バズーカ巧樹選手はバズーカほどの一発はない。どちらかと言えば不発が多い。この際、“不発弾巧樹”に改名した方がいい」と挑発的な発言をしたことに対して「ムカついた……というか、まあ生意気だから処刑しようかなと」と静かに怒りを燃やす。

 判定勝利だった8月の丹羽戦を「(丹羽は)やりづらさもあったし、ピンポイントでもらわないうまさがあったなと思います。自分の実力不足ということもあるんですけど、丹羽選手の技術もあって倒せなかったですね」と振り返り、「パンチ・蹴りどちらでも倒せるとは思うので、それをどうやって当てるかをより考えている」という。

 大谷のことは「どこの誰だか分からなかった」が、相手の試合映像の確認や対策も見る必要はないと思っており「当日分かると思いますけど、全く相手にならないと思うんで。いろんな意味で懲らしめてやりますよ」、「すぐ倒しちゃうと面白くないんで、痛めつけてから仕上げにぶっ倒そうかなと」と勝利に自信を見せる。

所屬ジムの菅原会長(右)と

 パンチも蹴りも倒せる武器として持つバズーカは「パンチと蹴り両方で痛めつけて、楽しんでから倒そうと思います。最後がどちらになるかはその時の気分で」と試合展望を語り「何で倒すとかっていうより、相手が痛がっている顔を見る方が気持ちいいかもしれません。その意味でも、ゆっくり時間をかけて削っていきたいと思います」とコメント。

 今回は「”倒す”というよりも”公開処刑”がテーマなので。お客さんが引くぐらいの公開処刑をお見せしたいと思ってます」というバズーカは、大谷に対して「本当の公開処刑を味わわせてやるんで、当日はしっかり気合い入れて来いよと。簡単に倒れんなよと言いたいです」とメッセージを送った。

≫対する大谷翔司のインタビュー:元陸上自衛隊・大谷翔司「修羅場の経験なら負けない」

☆この大会の対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・【レベルス】バズーカ巧樹と大谷翔司が王者対決、元自衛隊員の大谷「本物のバズーカほどの一発はない」と挑発=12.6

・【レベルス】バズーカ巧樹、丹羽圭介との“幻の対戦”制し王座奪取

・オタク少年だった北川”ハチマキ”が、REBELSで戦い続けた理由「ヒジありは弱者も戦える」

・【レベルス】12.6昼夜大会のラウンドガール募集、合格者は「マリアパ」モデルにも(写真14枚)

・ぱんちゃん璃奈、右拳の手術を報告、全治8週間で年末のRIZIN参戦は不可能に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧