TOP > ニュース 一覧

【KROSS×OVER】42歳の鉄人・藤原あらしが”若手の壁”宣言「俺を倒してから上に行け」

2020/12/28(月)UP

試合後にインタビューに応じた藤原、そのたたずまいはまさに鉄人

 12月20日(日)東京・新宿FACEにて開催された『株式会社秀拓 presents KROSS×OVER 10』。本大会のメインイベントに出場し、ユウ・ウォーワンチャイ(ウォーワンチャイプロモーション)に完封勝利を収めた藤原あらし(バンゲリングベイ・スピリット)が試合後インタビューに応じた。

 藤原は今月22日で42歳を迎えたキャリア80戦超の大ベテラン。世界タイトルを含む六冠王に輝いた国内最高峰のムエタイファイターである。今年10月からKROSS×OVERで開催された 「KROSS×OVER最強決定 ムエタイバンタム級トーナメント」に参戦。決勝はユウの体重超過によりワンマッチとなった試合ではリーチに勝るユウの距離をつぶす技巧を見せ、全ジャッジフルマークの完勝を見せた。

ユウ・ウォーワンチャイを完封した藤原の左ミドル

 藤原は試合を振り返ると「ユウ選手のタイの戦績がめちゃくちゃ多いから、最初は圧倒的な差が出るかなと思った」と、前半はペースを握られる覚悟だったとコメント。事実、リーチが長く威力の高いユウの前蹴り、再度キックに押される場面も見られたが「絶対前蹴りで来ると思ってたので、どうさばくかが僕のポイントでした。(中盤以降は)だいぶ組めると思ったので、どんどん組んでいって」と、中盤からは狙い通りの組みの展開への持ち込みに成功。「バンゲリングベイのみんなに支えられて、結果が出せたと思います」と、チームの勝利であると勝因をまとめた。

 試合後のリング上で「あと50戦くらいがんばっちゃおうかな」と、尽きることのない闘志を見せたばかりの藤原。「若手の登竜門じゃないですけど『俺を倒してから上に行ってくれ』と思っているので。まだまだがんばっていきます」と、高く厚い壁として立ちはだかる構えを見せた。
 最後に「僕はどんどん試合をやらせてもらえるだけで幸せ。僕の名前が欲しかったらどんどん来てくれたらうれしい」と血気盛んなコメントを残した藤原。大ベテランはその言葉一つひとつを通じ、42歳を迎えた今が最盛期であるという強いエネルギーを発した。

●編集部オススメ

・42歳を迎える鉄人・藤原あらしがUKF世界王者ユウ・ウォーワンチャイに完勝「あと50戦くらい頑張りたい」=2020年12月

・【RIZIN】大晦日に五味隆典vs皇治、“五味ワールド”炸裂に「五味ちゃん、酔っ払ってるんか」(皇治)

・【RIZIN】桜井マッハ速人が大晦日シバター“お仕置き”に名乗り「榊原さん、オファー待ってます、参戦します!」

・【フィットネス】フィジーク全国大会で”筋肉アイドル”才木玲佳に勝利した55歳ベテラン清水恵理子の覚悟

・【キック】NJKFのダブルエースが揃って出場、健太vs髙橋一眞、国崇vs琢磨がダブルメインに決定

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧