TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】シバターが試合後、皇治に改めて宣戦布告「俺から逃げてる。やってやりたい」

2020/12/31(木)UP

皇治に宣戦布告したシバター

 12月31日(木)にさいたまスーパーアリーナにて開催された『Yogibo presents RIZIN.26』に出場し、HIROYA(28=TRY HARD GYM)と対戦した、シバター(35)が試合後のインタビューに応じた。

 試合は、1Rがキックボクシングルール、2RがMMAルール。シバターが、プロレス式のロープワーク、胴回し回転蹴りを見せて会場を沸かせ、何と右ショートアッパーでHIROYAからダウンを奪取し、2Rには腕十字を極めにかかるなどインパクトを残したが、KO一本決着がつかず、タイムアップのためドローに。しかし、その後の審判団によるビデオ審査の結果、HIROYAがシバターの腕十字にタップしていることが確認された為、結果はシバターの一本勝ちとなった。

 HIROYAのパンチを受けて「だいぶ効いてフラフラしました。いつのパンチが効いたかは思い出せない」とあまり覚えていないという。ダウンを奪った攻撃については「(HIROYAが)大振りになってくれたおかげで、勝機が生まれたと思います」と試合内容を振り返った。

YouTuber仲間のヒカル、てんちむと入場するシバター

 この試合に挑む前に、今大会で五味隆典と対戦する皇治(31=TEAM ONE)と一悶着あったシバター。今回の試合に関して、「一番最初は皇治選手とやるって言うので話が進んでいた。その前提で話が進んでいて、僕が聞いた話では皇治さんが逃げたと。本当は生放送枠で私の試合を放送する予定だったのが、皇治さんが蹴ってなくなってしまったので、残念」と、皇治が理由で生放送がなくなったとアピールしていた。一方の皇治は、自身のYouTubeで、そのような事実はないと公言している。

腕十字を狙うシバター

 試合前のインタビューでは「次は自身のYouTubeチャンネルに話が及び「試合前に皇治さんの控室へ突撃に行って、奇襲します。YouTubeで流します。(撮影禁止かもしれないが)でも何か仕掛けようと思います」などと語っていたシバター。

 試合を終えて、そのことについて聞いてみると「思い出した。今から行こうかな」とHIROYAとの対戦に夢中になっていたため、忘れていたという。続けて「皇治さんが、リングチェックをしていて、俺がリングに上がった瞬間に、下りた。俺から逃げてる。これから行ってやろうかな。(自分の試合はTVで)ゴールデンの枠で使われると思いますけど、生放送にのれなかったのは、いまだに恨んでます。キックボクシング選手で皇治選手のことを認めている選手は一人もいない。俺は認めてないし、いつかやってやりたいと思います」と宣戦布告。

シバターvs皇治は果たして実現するのか

 さらに「今回だいぶ(オファーが)急だったので、前もってのオファーでもっと対策したら、もっと面白い試合ができる」と練習を積めば、さらにエキサイティングな試合が出来ると話した。果たして、皇治との対戦は実現するのか。今後のシバターの動向に注目だ。

●編集部オススメ

・【RIZIN】YouTuberシバター、“魔裟斗2世”HIROYAからダウンを奪う大健闘ドロー、メイウェザー戦に名乗り!

・シバター、試合前に皇治の控室へ突撃宣言も! 大晦日に3つのシバター劇場

・【RIZIN】さくらが一本奪取もノーコンテスト、JK対決は悔しい結末

・【RIZIN】シバターが試合当日に遺言「秒殺されるかも、1秒でも長くリングに立っていたい」

・【RIZIN】浅倉カンナが“打撃進化”であいに競り勝つ、21年タイトル挑戦をアピール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧