TOP > ニュース 一覧

元ベラトール王者チャンドラーのUFC初戦が決定「ヤツにとっての悪夢になる」とマクレガー挑発も

2021/01/06(水)UP

元ベラトール・ライト級王者マイケル・チャンドラー(写真は2018年4月『Bellator 197』前日計量のもの)

 2021年1月23日(土・現地時間)に開催される『UFC 257』にて、元ベラトール・ライト級王者のマイケル・チャンドラー(34=米国)のUFCデビュー戦が行われることが1月4日に正式発表された。

 “ミスター・ベラトール”と呼ばれたチャンドラーは20年9月にUFCへ電撃移籍。年内の初陣が期待されたが、実現されなかった。
 チャンドラーの相手はライト級ランキング6位の実力者ダン・フッカー(30=ニュージーランド)。過去2年間で3勝1敗の成績を収めているフッカーは、前戦で20年6月にダスティン・ポイエーに判定負けしたが、その激闘ぶりは高く評価された。

チャンドラー(右)がフッカー(左)と対戦(UFC公式SNSより)

 チャンドラーは当初、UFCライト級トップ戦線の一人、トニー・ファーガソン(米国)との対戦を熱望しており、それが叶わない形となったが、その視線の先は既にフッカー、ファーガソンを飛び越え、同じライト級で世界的スーパースターのコナー・マクレガー(32=アイルランド)に向かっている。

 チャンドラーは5日のESPNのブレット・オカモト記者の取材で、マクレガーについて尋ねられると「レスリングの実績とパンチ力、打撃とテイクダウンを織り交ぜる能力、試合の主導権など、私の持っている能力を考えると、私はヤツにとって“悪夢”のような存在さ」と早くも挑発。代理戦争的な“ベラトールvs UFC”元王者対決の実現に意欲を見せた。

ヘンダーソン(左)に右ストレートを叩き込むチャンドラー(右)©️Bellator MMA

 チャンドラーはレスリングのオールアメリカンを経て09年にMMAに転向し、11年のベラトールライト級トーナメント決勝でパトリッキー・“ピットブル”・フレイレにフルマークの判定勝利を収め優勝。同年11月に行われたライト級タイトルマッチで王者のエディ・アルバレスにリアネイキッドチョーク極めてタップを奪い王座獲得に成功した。
 その後、敗北し王座から陥落するもベルトを取り返し3度王座に就いている。また、19年12月29日にRIZIN協力のもと開催された『BELLATOR JAPAN』に出場するために来日。シドニー・アウトロー(米国)を1R KOで下し、日本のファンに大きなインパクトを残した。

 チャンドラーのUFCデビュー戦となる『UFC257』のメインイベントは、マクレガーvsUFC世界ライト級暫定王者ダスティン・ポイエー(31=米国)のビッグマッチ。前座を務める元ベラトール王者がどの様な試合を見せるかに、注目が集まる。

▶︎次ページ(動画あり)は、元ベラトール・ライト級王者チャンドラーのKOハイライト集!

●編集部オススメ

・【BELLATOR JAPAN】“ミスターベラトール”マイケル・チャンドラーが衝撃の一撃KO勝利

・【ベラトール】チャンドラー、初回KOでヘンダーソンを返り討ち

・【UFC】ヌルマゴメドフ、圧勝でライト級王座統一後にラストファイト宣言「父がいなくては戦えない」

・【UFC】こちらも戦争だ!マクレガーの新春復帰戦、一触即発な第一弾PV公開

・【UFC】新春復帰のマクレガーが「神試合にする」と必勝宣言、vsポイエー戦の最新PVが公開

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧