TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】大晦日勝利のシバターが“大風呂敷な”21年の抱負「UFC王者になる、マクレガーを倒す」

2021/01/07(木)UP

大晦日で大金星のシバター

 昨年大晦日にさいたまスーパーアリーナにて開催された『RIZIN.26』に電撃参戦し元K-1選手のHIROYAを相手に一本勝ちを収めたシバターが1月6日、自身の公式YouTubeチャンネルで、新年の挨拶と共に21年の抱負を語った。

 大晦日の激闘のダメージを抜くため、高級温泉旅館に来たというシバターは入浴しながらコメント。「オレ、格闘技の才能、やっぱあるやん。たった3週間しか練習期間がなかったにも関わらず、あれだけのパフォーマンスを見せた、勝つことだってできた。これねー、格闘技の才能ありました」と冒頭から自画自賛。

HIROYA(右)の強烈な右フックに、顔が吹き飛ぶシバター(左)

 シバターの自らを誉め称える勢いは止まらず。今回のRIZINが公式チャンネルで公開した試合映像の再生回数が、メインの朝倉海vs堀口恭司戦の倍の数字を出しているとして、“強くて、数字を持っているファイター”と、力強く語った。

 実際、シバターが言うように、シバターvs HIROYA戦は1月7日午後4時の時点で“424万回視聴”と、今大会の試合の中で断トツのトップの数字を叩き出しており、2位と続くメインの海vs堀口戦の230万回を大きく突き放している。

シバターのパンチでHIROYAの顔面が歪む!

 因みに、RIZIN公式サイトに於ける公開動画の一番の再生回数を出しているのは、フロイド・メイウェザーvs那須川天心の751万回だ。その後を、那須川天心vs堀口恭司(697万)、矢地祐介vs朝倉未来(681万)、朝倉未来vsルイス・グスタボ(476万)が続いている。

 シバターは「自分は格闘技業界を盛り上げたい気持ちは一切なく、お金のために戦っているんだ」と前置きし、「そのためには世界最高峰の格闘技団体のUFCに参戦し、王者となり、スター選手のコナー・マクレガーを倒す」と、壮大なる今年の抱負を語った。

レフェリーに「タップしてるよ!」とアピールするシバター

 RIZINの榊原代表もシバターの活躍を高く評価しており、今回限りの一過性のものではなく、継続参戦のオファーを検討していることを明らかにしており、加えて、シバター自身も大晦日大会終了後、“一悶着のあった”皇治に対し、改めての宣戦布告をしている。格闘ユーチューバーとして注目を集めるシバターの今後の動向に注目が集まる。

▶︎次ページは、シバターが“大風呂敷な”21年の抱負を語る

●編集部オススメ

・【RIZIN】榊原代表がシバターを評価、起用理由と第2弾の可能性を語る

・【RIZIN】シバター、一本勝ちの腕十字は得意技、判定が覆った歓喜動画もアップ

・【RIZIN】シバターが試合後、皇治に改めて宣戦布告「俺から逃げてる。やってやりたい」

・【RIZIN】大みそか関東・関西視聴率発表、歴代2位タイでユーチューバー選手ら貢献、4年で様変わり

・【RIZIN】朝倉未来が“堀口カーフキック”を語る、弟の完敗と認めるも「攻略方法を思いついた」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧