TOP > ニュース 一覧

【UFC】元二階級王者ヘンリー・セフードが現役復帰か、王者フィゲイレードを挑発「ヤツは私のベルトのベビーシッターだ」

2021/01/12(火)UP

18年8月、デメトリアス・ジョンソン(右)を下してフライ級新王者になった時のセフード(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)

 UFC世界フライ級とバンタム級の2階級制覇を達成し、北京五輪レスリングの金メダリストでもあるヘンリー・セフード(33=米国)が復帰を示唆している。

 セフードは、昨年5月の『UFC249』にてバンタム級王座の防衛戦を行い、ドミニク・クルーズにTKOで勝利。試合後に引退を発表していた。

 現在のUFCフライ級王者は、セフード返上後の王座に就いたデイブソン・フィゲイレード(ブラジル)。またバンタム級はジョゼ・アルドにTKO勝利し戴冠した、ピョートル・ヤン(ロシア)が王者となっている。

このハイキックからの右フックで、ディラショー(左)僅か32秒KO勝利したセフード=昨年1月

 現在セフードはブラジル・ナタール市に滞在し、ベラトール二階級王者パトリシオ・ピットブルと、その兄であるパトリッキーのトレーニングサポートを行っている。

 パトリシオはベラトールのフェザー級トーナメント準決勝で、レスラーであるエマニュエル・サンチェスとの対戦を控えており、レスリング技術にも秀でたセフードが助っ人として招かれているようだ。

 セフードはブラジルのスポーツメディアに、UFC復帰宣言とも取れるコメントをしている。

 セフードはフライ級王者・フィゲイレードについて「彼のことは好きだが、私と戦ったら2R持たないだろうね。ヤツは今、私のベルトのお世話をしてくれている、ベルトのベビーシッターに過ぎない。私が復帰したら、ベルトは戻るさ」と自信満々に語る。

破壊力あるパンチを振るうフィゲイレード(右)(getty/Zuffa LLC/UFC)

 セフードの引退の原因は、UFCとの金銭的な交渉が折り合わなかったためとも言われている。この点についてセフードは「ダナ・ホワイト代表と話をして、金額を確認する必要がある。戦いは恋しいが、全てにおいてモチベーションが大事だからね」と、ファイトマネー次第だとも語る。

 さらに「もしダナが私の欲しいものを与えてくれたら、”ゴッド・オブ・ウォー(フィゲイレードの異名)”は、トリプルC(セフード)に直面することになるだろう」と言う。

 セフードは1月6日にもSNSで「ダナ、あんたのオケツファイター(フィゲイレード)は、俺の名前を口にすることも出来ないみたいだな」と投稿。
 するとフィゲイレードもSNSで「セフード、ベルトを取り返しに来いよ。ノックアウトしてやるから」と返し、セフードをハロウィンのカボチャに見立てた動画を投稿している。火種は勃発しているようだ。

ジョゼ・アルドに強烈なパンチを当て王座奪取したヤン(@ufc_jpより)

 また、バンタム級王者のヤンについても、セフードは「ヤンは(打撃の)スイッチの仕方は知っていても、レスリングが出来ない。完璧なファイターではないので、王座に長く留まれないだろう。こちらも2R以上は持たないだろうな」とヤンも2Rでフィニッシュ出来ると言う。

 最後に「今年の12月にはどうなっているだろうな。私は準備が出来ていて、トレーニングを続けている。全てが上手く行けば、フィゲイレードもヤンも、そして私の名前とベルトを欲しがる全ての人間を皆殺しにする。皆殺しの2021年さ」とオクタゴンに戻り、現王者たちを血祭りにあげたいとした。

●編集部オススメ

・タイソンが元UFC王者セフードに強烈ボディブロー伝授、ボクシング超新星のガルシア戦を視野か(動画あり)

・朝倉海が対戦希望する元UFC王者の2人「ガーブラントvsアルド」実現へガーブラント陣営が自信

・【UFC】王者セフード、TKO防衛も引退宣言「​3冠王は幕を閉じます」

・【ベラトール】朝倉未来と同じフェザー級に“超新星”誕生!“首狩りポーズ”ウィルソンが怒涛KOで7戦全勝

・元RIZIN王者マネル・ケイプ、UFC王者フィゲイレードを挑発「まるで子供」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧