TOP > ニュース 一覧

【ONE】青木真也、岡見に勝利の強豪ナカシマとの対戦に「何とかして相手の隙を作り出したい」=1.22シンガポール

2021/01/20(水)UP

元ONEライト級王者・青木真也©️ONE Championship

 1月22日(金)にアジア最大級の格闘技団体「ONE Championship」がシンガポール・インドアスタジアムで開催する「ONE: UNBREAKABLE」で、ジェームズ・ナカシマ(32=米国)と対戦する元ONE世界ライト級王者の青木真也(37=EVOLVE MMA)が20日、ZOOMインタビューに対応した。

 青木は前戦となる昨年9月の『Road to ONE』で江藤公洋(和術慧舟會HEARTS)に判定勝利を収めているが、本戦の出場は19年10月の日本大会『ONE: Century』以来の1年3ヶ月ぶり。

 今回の青木の対戦相手のナカシマはレスリングを主体にした強豪ファイター。レガシー・ファイティング・アライアンス(LFA)ウェルター級王者の肩書を持ち、MMA戦績は12勝1敗。19年8月に岡見勇信から判定勝利を収め、その実力が本物であることを証明している。

ダースチョークを極め一本勝ちする青木©️ONE

 その強豪と対戦する37歳の青木、ナカシマは32歳と若い。5年前(32歳時)の自身と比べて、どういうところが変わったかとの質問に対し「体力と成長は落ちてきたんじゃないかな。単純に落ちてきたと思いますよ。若い時の自分なら強かったのかもしれない。でも、経験があるし、ごまかしも効くし、若い頃よりも巧みになっている」と落ち着き払った様子。

 対戦相手のナカシマの印象については「強いと思いますけど、このMMAというゲームの中で、何とかして彼の穴というか隙を作り出したいですよね。隙がないじゃなくて隙を作り出すのが格闘技だから」とその対策を語った。

岡見の首を絞め上げるナカシマ

 また、百戦錬磨の青木に経験の差というの今回の試合に活きてくるかとの問いには「そこしかないんじゃないかな。結局、35(歳)とかを越えて40歳近くなってやるって妖怪じゃないですか。レジェンドとかではなくて妖怪だからさ。そういうレベルまで好きでやっている人間の強みは経験しかないと思うから。その経験でなんとか乗り越えたい」と、ベテランの強さを強調した。

青木(左)とナカシマ(右)がコーメインイベントで激突!©️ONE Championship

 19年5月に対戦し敗れた現ライト級王者のクリスチャン・リーとの再戦にまで質問が及ぶと「あんまり望んでいないんですよね。その理由は、この前のチャンピオンシップ(タイトル戦)でやらしてもらって、取り敢えず世代交代的なことができたじゃないですか。そこ、もう一回それをやる意味ある? とは思います。ただし、やれるんだったら、やりたいです、単純に」と、本音を口にした。
 果たして今回、強豪ナカシマに勝ち、王者リーへのリベンジにまでつなぐことができるか。

●編集部オススメ

・青木真也が“全力ガチ”公開練習、新世代強豪との対戦に「僕の存在は消せない」=1.22シンガポール

・青木真也、1年3ヶ月ぶり本戦復帰が決定、対戦相手は岡見勇信を破った強豪ジェームズ・ナカシマ

・青木真也が最近の“カーフキック”論争に物申す

・【ONE】“6秒KO勝利男”カピタンが、わずか2戦目でタイトル挑戦=1.22

・DEEP王者・川原波輝がONEデビュー戦に“完全決着”宣言「絶対に倒す」=1.22シンガポール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧