TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】京口紘人のV3戦は米ダラスで3.13に決定「頂点を目指し全てをかける」

2021/01/23(土)UP

3.13に米デビューが決まった京口紘人

 WBAライトフライ級スーパー王者の京口紘人(27=ワタナベ)のアメリカデビュー戦が決定した。試合中継を予定するDAZNより本日23日に発表された。3月13日(日本時間14日)、アメリカ・テキサス州ダラスのアメリカン・エアラインズ・センターにてアクセル・アラゴン・ベガ(Axel Aragon Vega=20=メキシコ)を挑戦者に迎え3度目の防衛戦を行う。

 ベガはWBAフェデセントロ(中央アメリカ)同級王者。戦績は14勝(8KO)3敗(0KO)1分。19年10月にWBOミニマム級世界タイトルに挑むも判定で届かず、今回が2度目の世界戦となる。

 京口はイギリスのボクシングプロモーション「マッチルーム・ボクシング」(プロモーター:エディー・ハーン)と20年12月に契約。それからおよそ1ヶ月でアメリカでの3度目の防衛戦が決定した。

 京口は「プロモーターのエディ・ハーンとマッチルームと一緒にアメリカでデビューすることができて嬉しい。日本のボクシングが世界一であることを証明するチャンスを与えてくれたことに感謝したい。ボクシング界の頂点を目指し全てをかけていく」と意気込む。
 対するベガは「この世界タイトル戦を受けることができ嬉しい。京口は偉大なチャンピオンだが、私はハングリーな若いコンテンダーだ。3月13日に王座を獲る」と次こそは王座奪取をと誓った。

京口は2.11に行われるエキシビションマッチの相手に井上尚弥を指名、井上もそれに答える(1.21都内会見にて)

 なお、この試合はその他2試合の統一戦が決定している。
 メインイベントは8年ぶりの再戦、ロマゴンことWBA王者ローマン・ゴンサレス(帝拳=ニカラグア)vs.WBC王者フアン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)のスーパーフライ級の王座統一戦だ。
 もう一つは世界女子ウェルター級王座統一戦、4団体世界女子同級王者ジェシカ・マッキャスキル(米)vs元世界4団体制覇王者のセシリア・ブレークフス(ノルウェー)が再戦する。昨年8月にブレークフスにプロ初黒星をつけ4団体統一王者になったマッキャスキル。ブレークフスは再びその王座を取り返しに行く。

♢選手データ
・京口紘人(27=ワタナベ) 身長162cm リーチ163cm 右構え=プロ14戦14勝(9KO)無敗、KO率64.29%
・アクセル・アラゴン・ベガ(20=メキシコ) 身長154cm 右構え=プロ14勝(8KO)3敗(0KO)1分、KO率44.44%

●編集部オススメ

・京口紘人がヘビー級王者ジョシュアら所属の英プロモーションと契約「全力を尽くす」

・井上尚弥vsX、京口紘人、木村翔ら豪華チャリティマッチが決定

・井上尚弥の対戦相手は誰? SNSでは井岡、那須川らを推す声=2.11代々木

・内山高志が4年ぶりリングへ「恥ずかしい姿を見せないよう仕上げます」=2.11代々木

・【昨日のKO】“秒殺男”カピタンが怒涛の連打で王者をTKO葬(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧