TOP > ニュース 一覧

【シュートボクシング】MISAKI、ぱんちゃん璃奈に敗れて以来の再起戦「飢えに飢えてます。SBの華になる」

2021/01/25(月)UP

MISAKI(左)が祥子JSKとの戦いに挑む(C)SHOOT BOXING

 2月7日(日)東京・後楽園ホールにて開催されるシリーズ開幕戦『SHOOT BOXING 2021 act.1』の追加対戦カードとして、SB日本女子ミニマム級1位・MISAKI(25=TEAM FOREST)vs祥子JSK(37=治政館)のカードが決定した。

 MISAKIは“猪突猛進”のスタイルを貫く、SB女子軽量級を代表する選手。2019年7月のSB日本女子ミニマム級王座決定トーナメント決勝戦で女神に2R TKO負けを喫し負傷したために長期欠場となった。20年8月には、ぱんちゃん璃奈とのREBELS-BLACK 女子46kg級 初代王座決定戦で復帰したが、惜しくも判定で敗れた。

ぱんちゃんに敗戦し、ベルト獲得を逃したMISAKI(右)

 これまでのスタイルの改善を図ったMISAKIは、昨年末にはシーザージムに出稽古修行に励み、進化したスタイルで再起を狙う。

 対する祥子は、二児の母でキックボクシングジム「JSK KICKBOXING GYM」の代表の顔も持つキックボクサー。様々な団体で戦績を重ね、ぱんちゃんとの2度に亘る激闘や、これまでに2度タイトルマッチの経験もある。1月17日のRISEで判定勝利し、短いスパンでの試合となるが、打倒MISAKIに燃えSBからのオファーも二つ返事で受けたという。激戦必至の一戦で勝利するのはどちらか。

強烈な右ミドルを蹴り込むMISAKI(左)

 MISAKIは、自身のSNSを更新し「参戦決定しております。久しぶりの試合で飢えに飢えてます。2021年 1発目シュートボクシングの華となれるように頑張りまくります」と、熱き意気込みを語っている。

 今大会では、その他にも山田彪太朗(シーザージム)vs工藤卓也(SHINE沖縄)、村田義光(シーザージム)vsイモト(グラップリングシュートボクサーズ)などのカードも決まっている。

<対戦決定カード>

▼46.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R 
MISAKI(TEAM FOREST/SB日本女子ミニマム級1位、前J-GIRLSミニフライ級王者)
vs
祥子JSK(治政館/ミネルヴァアトム級4位)

(C)SHOOT BOXING

▼58.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
山田彪太朗(シーザージム/SB日本フェザー級9位)
vs
工藤卓也(SHINE沖縄)

▼SB日本ウェルター級(67.5kg) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
村田義光(シーザージム/SB日本ウェルター級4位)
vs
イモト(グラップリングシュートボクサーズ/SB日本スーパーライト級5位)

●編集部オススメ

・【レベルス】MISAKIがぱんちゃん璃奈に判定負け、ベルト獲得ならず

・【KNOCK OUT】ぱんちゃん璃奈は出場断念、本人参戦意思も「怪我を治してベストな状態で」(主催者)

・MISAKI、ぱんちゃんに勝って「ベルトもファンも根こそぎ持っていきます!」

・2.28レベルス最終興行に皇治「とにかく遊びに行くから待っててや」来場予告

・井上尚弥のパンチはなぜ倒れる? 自身が語る"打撃力だけではない"強さとは

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧