TOP > ニュース 一覧

2.20メイウェザー戦は“延期か消滅”か、報道に対戦のユーチューバーは困惑

2021/01/28(木)UP

2月20日開催予定のメイウェザーvsポール、延期か、消滅かと海外報道(主催のFanmio Boxingより)

 21年2月20日(現地時間)に実施が予定されている元ボクシング世界5階級制覇王者のフロイド・メイウェザー(43=米国)と世界的人気のYouTuberローガン・ポール(25=米国/以下、ローガン)とエキシビションマッチが、延期か消滅するのではと、複数の海外メディアが報じている。

 興行主のファンミオ社から正式発表がないにも関わらず、イベントを1ヶ月切った中で、開催地(おそらく米国内)やルールなどを含めたイベント情報が未だ発表されていないことに加え、試合の注目度が低いと評価されていることが”騒ぎ”になっていると、27日に配信された英国紙『The Mirror』の記事で分析されている。

那須川天心とエキシビションマッチを行ったメイウェザー(右)この時も実現前に中止騒ぎがあった

 これらの報道について、渦中のローガンは26日にYouTubeチャンネル「The Night Shift Gaming」で言及。「注目度が欠けているだって?何言ってんだ?これほど騒がれているファイトはないだろう?」と激怒。

 その一方で「フロイド・メイウェザーの様な地球上で最も戦いたいと言われ、高額ギャラのファイターと交渉するのは一筋縄ではいかない。多くの人間が関わっているから、絶対に正しいことをやらないといけない」と、水面下での交渉など複雑な事情が絡んでいることを暗にほのめかした。

 ローガンは最後に「フロイド・メイウェザーを俺が倒すかもしれないし、俺が倒されるかもしれない。つまり、実現はするって話だ」と、延期になったとしても消滅はないと強調した。

 一方のメイウェザーはこの報道についての声明を出していないが、果たして対戦は実現するのか、今後の動向に注目が集まる。

▶︎次ページ(動画あり)は、ローガン・ポールの19年11月のプロデビュー戦

●編集部オススメ

・メイウェザーが“炎上系”YouTuberローガン・ポールとの対戦決定、2月にMEGAと合わせて連戦へ

・メイウェザーが那須川を初回TKO、3度ダウンを奪う

・【ベラトール】歴代“秒殺KO”映像集を公開、元PRIDEロシア軍最強兵士・ハリトーノフの“大の字KO負け”の衝撃シーンも(動画あり)

・【UFC】40歳アリスター・オーフレイムが元ベラトール王者とKO必至の激突へ、元RIZIN王者ケイプのデビュー戦も=2.7

・12月ベストファイター堀口恭司、カーフキックに空手を応用、そして次なるターゲットを語る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧