TOP > ニュース 一覧

【UFC】TKO負けの元K-1王者アリスターが鼻骨骨折、タイトル戦白紙で引退の可能性も

2021/02/08(月)UP

試合直後、流血のアリスター右)。その肩を組むヴォルコフ(左)(アリスター自身のSNSより)

 2月7日(日・日本時間)米ネバダ州ラスベガスで開催された「UFCファイトナイト・ラスベガス18」でアレクサンドル・ヴォルコフ(ロシア)にTKO負けしたアリスター・オーフレイム(オランダ)が、試合中に鼻骨を骨折したことを明らかにした。

 ヘビー級ランク5位のアリスターは同級6位のヴォルコフとメインイベントで対戦し、2Rに極真空手出身のヴォルコフの強烈な左フックを貰いTKO負けした。

ヴォルコフのパンチがアリスターを襲う©Getty Images

 アリスターは7日に自身のSNSに、顔面を流血しうなだれ、ヴォルコフから肩を組まれる様子の写真を投稿。「ヴォルコフ、キミは真のウォリアーだ。おめでとう。昨晩は私の夜ではなかった。貰ったパンチで鼻骨を骨折し、そこから巻き返せなかった。今は怪我を治して家族と過ごし、すぐにでもジムにもどるよ」とコメントした。

敗れて肩を落とすアリスター(左)©Getty Images

 PRIDEやK-1で活躍し40歳となったアリスターはその前の5試合で4勝(4KO)して波に乗っており、ヴォルコフに勝利すれば、16年9月以来となる王座挑戦が見えてくるはずだったが、今回の敗戦でそのチャンスが遠のいたのは確実だ。

 戦前のインタビューでは、「ファイナルランの始まりだ。45歳まで戦い続ける気はない。王座を獲得したらすぐに引退するだろう」と語っていることから、今回のタイトル戦を遠ざけた敗戦が、アリスターの即時引退の引き金になる可能性も十分にある。果たして、復帰したアリスターはどの様な決断をするのか。

▶︎次ページ(動画あり)は、試合直後!顔面流血のアリスターが茫然自失の表情

●編集部オススメ

・【UFC】元K-1王者アリスターがTKO負け、ロシア豪腕ヴォルコフの左フックに沈む

・【UFC】40歳アリスター・オーフレイムがUFC王座獲得後に引退宣言「今がキャリアのピーク、ファイナルランの始まりだ」

・【ベラトール】歴代“秒殺KO”映像集を公開、元PRIDEロシア軍最強兵士・ハリトーノフの“大の字KO負け”の衝撃シーンも(動画あり)

・こんなKOは初、 何と頭に”力こぶ”が! 欧州MMA王者を倒したありえない“珍撃”

・【ベラトール】ヒョードルの“無慈悲”な25発パンチほか、”倒して殴る”衝撃の映像集を公開

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧