TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】浅倉カンナ、浜崎朱加の”穴”を見つけた!「私が変わってないと思ってくれていていい」

2021/03/09(火)UP

サウスポーから伸びやかな左ストレートを繰り出す浅倉©RIZIN FF

 3月21日(日)に愛知・日本ガイシホールにて開催される『yogibo presents RIZIN.27』のメインイベントでは、RIZIN女子スーパーアトム級タイトルマッチが行われる。王者・浜崎朱加(38=AACC)に挑戦する浅倉カンナ(23=パラエストラ松戸)が公開練習を行った。

 浜崎と浅倉は18年末に王座決定戦を行い、一本勝ちで浜崎が王者に。今回は両者約2年ぶりの対決にして、再度のタイトルマッチだ。

 公開練習では、同門で浅倉が「弟のよう」と語る新鋭ファイター・鶴屋怜がミット持ち。浅倉はリラックスした動きでワンツー、ミドル、ヒザと打ち込んでいった。

前回は腕十字で浜崎(左)に2R一本負けを喫した浅倉(右)=18年

 前回の浜崎戦では「打撃でも浜崎さんのほうがちょっと有利だった」と振り返る浅倉。しかし「あれからフィジカルトレーニングも入れた、2年半で強くならない人なんて絶対いない」と自信を持って戦う。「最近の試合では打撃でも結構やれるようになった。それでも自分の全てを出していない気はするので、今回は出せるように練習している」と意気込む。

 さらに「判定で勝つ」と勝ちに徹するとも取れる発言もした浅倉。「3Rギリギリで勝つくらいのイメージをしています。打撃勝負かグラウンド勝負かはわからないけれど、最初にペースを握ったほうが勝つ」と接戦を予想し、先手必勝で行くようだ。

ヒザ蹴りを繰り出す©RIZIN FF

 浜崎よりも優っていると感じるのは「体力」だ。「(浜崎は)最近ではフルラウンドで戦ってはおらず、一本で決めていることが多い。体力勝負になったら自信がある。(浜崎の)前回の試合を見ても、2Rよりも1Rのほうが勢いがあるので」とラウンドが進むごとに自分に有利になると感じている。

 浜崎の今までの試合もビデオで見返してきた。「色々穴があった。作戦のうちなので言えないけれど、うまくハマればいける」と王者の弱点も分析しているようだ。

 王者・浜崎は予告映像で「カンナと言ってるわけじゃないけど、生半可にやってるやつ、ムカつくんですよね」と厳しいコメント。これについて浅倉は「そう言えるってことは余裕がある人なんだと思う。余裕がある人と、そんな人を怖いと思って練習する人ということ」と、自分は余裕がないぶん必死さが違うとアピールする。

笑顔でインタビューに答える浅倉©RIZIN FF

 発表記者会見でも王者・浜崎が「(浅倉と)2年ちょっと前に対戦してから、正直あまり変わってない印象」とコメントしていたが、浅倉は「年末の試合(浅倉vsあい)を見て、浜崎さんは本当にそう思っているんだろうなと。だからこそ穴ももっと大きくなる。必死な人(浅倉)と、余裕な人(浜崎)は違う。そう思ってくれていていいです」とあなどってくれているほうが都合が良いとした。

 王者になった暁には「RIZINの王者として、色々な所に挑戦したい」と、あくまでRIZINのベルトを持った上で海外などの挑戦も見据えると語った浅倉。「(勝利は)厳しいのではという声が多いので、しっかり勝って(前回の)トーナメント決勝戦を超えたい」と必勝を期した。

☆この大会の対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・[前回の対戦]浜崎朱加が浅倉カンナに一本勝ち、初代女王の座に就く=18年大晦日

・浅倉カンナ迎える浜崎朱加が王者のプライド「生半可にやってるやつはムカつく」=3.21

・浜崎朱加と浅倉カンナがタイトルマッチで再戦、リベンジ誓う浅倉へ浜崎「2年前と変わっていない」

・UFC離脱のアリスター・オーフレイムがRIZINで引退試合か、榊原CEO「彼と仕事するのは問題ない」と獲得に興味

・浅倉カンナがRENAを絞め落としトーナメント制覇=17年大晦日

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧