TOP > ニュース 一覧

【K-1】KO勝利のゴンナパー、追い込んできた南雲を評価、王者として「毎試合でKO目指す」

2021/03/29(月)UP

会見に出席するゴンナパー

 3月28日(日)東京・日本武道館で開催された『K’FESTA.4 DAY.2』の一夜明け会見が29日都内にて行われた。K-1ライト級のスーパーファイトで南雲大輝(八光流柔術総本部)に2R KO勝利を飾ったK-1 WORLD GPライト級王者・ゴンナパー・ウィラサクレック(タイ/ウィラサクレック・フェアテックスジム)が会見に臨んだ。

“ムエタイ大魔神”の愛称で数々の強豪勢からKOの山を積み上げてきたゴンナパー。この日の試合では、序盤から動きが固く1Rに南雲のパンチを被弾しヒザを落とすなど劣勢の場面が見られるも、2Rに強烈な左ストレートを南雲に叩き込み、鮮やかなKO勝利を飾った。

圧巻のパンチ力でゴンナパーがダウンを奪った瞬間

 ゴンナパーは試合を振り返ると「昨日は勝利することが出来て嬉しい」と笑顔で答えたが、試合映像を確認したか、との質問がふられると「映像は見た。あまり良い試合ではなかった」と曇った表情に。

 続けて「皆さんがおっしゃる様に1R目が全然ダメだった。動きが遅かったし固くなっていたと自分でも感じている。2R目から動きが良くなって、技も出せる様になってきが、蹴りとパンチのタイミングなど、自分のタイミングで戦えてなかった」と、反省しきり。

 さらに「1R目は自分として、相手の出方を見すぎた部分があったと思う。南雲選手も非常に良い選手だと感じた」と、自分には厳しい評価をしながらも、対戦相手の南雲のパフォーマンスには賛辞を送った。

 自己反省するゴンナパーだが、王者として今後はどの様に戦うとの質問で「毎試合、良い試合をして、全試合でKOを目指したい」と強い決意を見せた。

●編集部オススメ

・【K-1】王者・ゴンナパーが劣勢からの逆転KO勝利、ラウェイ王者・南雲をコーナーに沈める

・【K-1】武尊がプレッシャーからの不眠症も告白、リングでは「向き合ったら打ち合いたい、楽しめた」

・【K-1】逆転勝利の城戸康裕、ダウン奪われた理由は”派手”な入場パフォーマンス

・【K-1】ダウン奪い圧勝のMIO「まだ50%、もっといける」目指すは高梨へのリベンジと菅原美優への挑戦

・【K-1】レオナと大激闘を制した武尊、勝敗の鍵とは? 魔裟斗、武尊が語る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧