TOP > ニュース 一覧

【UFC】フェイスオフで乱闘寸前! いきなり首を掴んで引き込む暴挙

2021/05/01(土)UP

フェイスオフ、いきなりジャコビー(右)の首根っこを掴むクテラバ(左)(UFC公式YouTube映像サムネイルより)

 5月2日(日・日本時間)米国ラスベガスで開催される『UFCファイトナイト・ラスベガス25』の前日計量が1日に実施された。
 メインカードのライトヘビー級(-92.98kg)マッチで対戦するイオン・クテラバ(27=モルドバ)と、ダスティン・ジャコビー(33=米国)のフェイスオフで、乱闘寸前のアクシデントが起きた。

 事前に行われた計量では、クテラバが93.44kgで、ジャコビーは(92.98kg)でパス。(タイトル戦以外は、全て1ポンド[0.45kg]オーバーのみ許容範囲として認められている)
 フェイスオフで、ゆったりとした構えでジャコビーが先に登場し、すぐにファイティングポーズ。後から来たクテラバは最初、穏やかな表情を見せながら、間に立つダナ・ホワイト社長と握手をしたが、ジャコビーと視線を合わせるや否や、いきなり右手でジャコビーの首根っこを掴み引き込みながら、何か侮蔑する発言。
 ジャコビーがクテラバの胸を押して引き剥がすと、係員がすぐに両者を抑え、退場させた。

 過去にもフェイスオフで小競り合いを見せているクテラバは現在2戦連続でKO負けしており、一方のジャコビーは4連勝と波に乗っている。
 この騒ぎが両選手の心理面にどれだけの影響を与えたかは本人達にしか分からないが、翌日の試合が激戦になることは間違いなだろう。

 UFCでは、418日(日・日本時間)開催の『UFCファイトナイト・ラスベガス24』の前日フェイオフでも乱闘寸前の騒ぎが起きていた。その時は、セミファイナルのライト級(-70.3kg)マッチで対戦する予定だった、ジェレミー・スティーブンス(34=米国)がドラッカー・クロース(33=米国)をいきなり突き飛ばし、それが原因で脳震とうと首の頸椎ねんざを起こしたクロースが欠場。セミファイナルの試合が飛んでしまうという不祥事に発展していた。今回もそうならないように祈るばかりだ。

▶︎次ページ(動画)は、再びのフェイスオフ乱闘寸前騒ぎ、いきなり首根っこを掴む暴挙

●編集部オススメ

・【UFC】フェイスオフで突き飛ばされた相手が棄権、頭痛と吐き気で病院へ=セミファイナル

・【UFC】超接近のフェイスオフ、激怒で相手を突き飛ばし乱闘寸前に=前日計量

・素手ボクシング参戦のUFC美女戦士が“喉元つかむ”乱闘騒ぎ「ここはMMAじゃない」と対戦相手が激怒=前日計量

・【UFC】女子選手が計量で2度倒れ意識朦朧、試合中止に=日本でも活躍リトアニアのユリア

・【ボクシング】ジョシュアとプレフが前日計量で乱闘寸前、激しい罵り合いの内容とは=ヘビー級タイトル戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧