TOP > ニュース 一覧

【UFC】”悪童”ネイト・ディアスが負傷、1年半ぶりの復帰戦は6月に延期へ

2021/05/05(水)UP

顔面流血で勝利ポーズの“悪童”ネイト・ディアス(UFC公式YouTube映像サムネイルより)

 UFCスター選手のコナー・マクレガーと一勝一敗の”悪童”ネイト・ディアス(35=米国)の約1年半ぶりのオクタゴン復帰戦は6月に延期となることが分かった。ヤフースポーツなど複数の海外メディアが3日に報じた。

 ネイトは19年11月にホルヘ・マスヴィダルとUFCが特別に作ったBMFベルト (Baddest Mother Fuckerの略。最高にイカしたやつの意)を争って敗北。以来オクタゴンから離れていたが、5月15日(土・現地時間)開催の『UFC262』セミメインのウェルター級マッチで8連勝中のレオン・エドワーズ(29=米国)と対戦する予定だった。

マクレガー(左)とパンチがクロス!死闘を繰り広げるネイト(右)

 報道によれば、ネイトは練習中に負傷。怪我の詳細については明らかにされていない。試合は、6月13日(日・日本時間)に開催される『UFC263』にスライドする見通し。本大会は、メインイベントでミドル級タイトルマッチの「イズラエル・アデサンヤ(31=ナイジェリア/王者)vsマービン・ヴェットーリ(27=イタリア/挑戦者)」、セミメインでフライ級タイトルマッチ「デイブソン・フィゲイレード(33=ブラジル/王者)vsブランドン・モレノ(27=メキシコ/同級1位、挑戦者)」の2大タイトル戦が予定されている。

エルボーをクリーンヒットさせるエドワーズ

 ネイトは実兄のニック・ディアスと共にUFCで絶大な人気を持つ好戦的なファイター。07年にUFC参戦すると、五味隆典やドナルド・セラーニなど強豪を倒し、のし上がる。12年にベン・ヘンダーソンの所持していたライト級王座に挑戦したが失敗した。
 16年3月には当時15連勝中だったマクレガーと対決し、下馬評を覆しリアネイキドチョークで一本勝ち。同年8月に再戦すると、2-0で判定負けした。19年11月にはホルヘ・マスヴィダルと対決し、まぶたのカットによるTKO負けを喫している。

 相手のエドワーズはイギリスのMMA団体で王者となり、14年にUFC参戦。初戦こそ2-1で惜敗したものの、その後敗北したのは現UFC世界ウェルター級王者のカマル・ウスマンのみ。ウスマン戦以来8連勝と勢いに乗っている。
 エドワーズは今年3月の「UFCファイトナイト・ラスベガス21」のメインイベントでベラル・ムハマッドと対戦。完璧な試合運びでムハマッドを圧倒していたが、エドワーズの偶発的な目突きにより試合はノーコンテストに終わった。

 ネイトの待望の復帰が延期になったのは残念だが、万全の調子のネイトと、上り調子のエドワーズの激突に期待したい。

 

▶︎次ページ(動画)は、“顔面流血”ネイト・ディアス、宿敵マクレガーを壮絶なチョーク葬!ネイトのトップ5フィニッシュ映像集

●編集部オススメ

・(動画あり)【UFC】”悪童”ネイト・ディアスが1年半ぶりに復帰に自信、対する8連勝中のエドワーズに「こいつ誰?」

・(動画あり)【UFC】6.13は2大タイトル戦! 高KO率のミドル級王者アデサンヤvsヴェットーリ、フライ級王者フィゲイレードvsモレノが発表=米アリゾナ1.9万会場で入場制限なし

・【UFC】“目突き”でメイン試合がノーコンテストに! その瞬間写真にグローブ改良の声も

・(動画あり)カメルーン史上初UFC王者となったガヌーが凱旋帰国、国民英雄の歓迎パレード「この瞬間を待っていた、言葉で表すことができない」と感激

・(動画あり)【UFC】衝撃KO勝利を飾ったプロハースカ、決め手の“回転ヒジ”が出せた理由とは? タイトル挑戦にも言及

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧