TOP > ニュース 一覧

“ミスターベラトール”マイケル・チャンドラーがUFCタイトル戦へ、古巣が“失神肩固め”映像を公開し応援

2021/05/13(木)UP

“ミスターベラトール”マイケル・チャンドラーがUFCタイトル戦へ、古巣がチャンドラーの“失神肩固め”一本勝ち映像を公開

 5月16日(日・日本時間)に米国テキサス州ヒューストンのトヨタセンターにて開催される『UFC 262』のライト級王座決定戦で、同級3位のチャールズ・オリベイラ(ブラジル)と、元ベラトール世界ライト級王者のマイケル・チャンドラー(35=米国)が対戦する。

 ベラトールで3度王座に就き、“ミスター・ベラトール”の異名を持つチャンドラーは、MMA2大メジャー団体制覇を目指し、昨年9月にUFCに電撃移籍。今年1月のデビュー戦でランク6位強豪のダン・フッカーをわずか2分30秒でTKOに仕留めた。

 そして、無敗のまま現役引退した前王者のハビブ・ヌルマゴメドフのタイトル返上に伴い、空位となった王座を賭けて、オリベイラと戦うことになった。

ベラトールが「TOP FINISHES ARM TRIANGLE」と題し、“肩固め”による一本勝ち試合の衝撃映像集を公開(公式YouTubeチャンネル映像サムネイルより)

 ベラトールは、チャンドラーのUFCデビュー戦の時も“ミスター・ベラトール”を応援する意味も兼ねて、戦前にチャンドラーの試合のハイライト集を公式YouTubeチャンネル公開したが、今回は「TOP FINISHES ARM TRIANGLE」と題し、“肩固め”による一本勝ち試合の衝撃映像集を公開した。

 この映像の中にはチャンドラーの2試合分の勇姿が含まれており、一つ目は、18年4月のブランドン・ガーツ戦。チャンドラーは当初、自分を破って王者となったブレント・プリムスとのタイトル戦を行う予定だったが、そのプリムスが負傷欠場。代役のガーツとの対戦だったが、1R4分、電光石火の肩固めで一本勝ち!ガーツを完全に絞め落とした。

 もう1試合は11年3月のベラトール・ライト級トーナメント1回戦のマルチン・ヘルド戦。プロデビュー5戦全勝の100%フィニッシュ男として優勝候補本命として登場したチャンドラーがここでも肩固めを極めて、相手を完全失神させて勝利した。

 チャンドラーは、MMA戦績225敗(10KO7サブミッション)のバランス良く仕留めるタイプで、対するブラジリアン柔術黒帯のオリベイラは308敗(8KO19サブミッション)と極めの寝技が強い。試合がどの展開で進むのかが興味深いところだ。果たして、チャンドラーは2大メジャー制覇王者となるか。

▶︎次ページ(動画)は、マイケル・チャンドラーの“失神肩固め”一本勝ち!“肩固め”による一本勝ち試合の衝撃映像集

●編集部オススメ

・“KO率100%”UFC行き期待の超新星が秒殺ダウン&一本負けの悲劇!大番狂わせに場内騒然=海外MMA

・【UFC】元ベラトール王者チャンドラーが初戦で衝撃“150秒”KO勝利「すぐにタイトルマッチを!」と歓喜の咆哮

・【ベラトール】5.8パトリッキー・ピットブル参戦に”キムラロック”一本映像集が公開、パトリッキー唯一の“一本負け”シーンも

・メキシコ人気のセクシー覆面美女レスラーがムエタイ女王に“顔面崩壊ボコボコ”KO負け、初黒星に茫然自失=海外MMA

・【ベラトール】ヒールフックで11秒殺、回転エルボーで失神KO、衝撃の1Rフィニッシュ映像集が公開

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧