TOP > 試合結果 一覧

“KO率100%”UFC行き期待の超新星が秒殺ダウン&一本負けの悲劇!大番狂わせに場内騒然=海外MMA

2021/05/12(水)UP

UFC入り期待の100%KO男がまさかの秒殺一本負け(勝利したジェームズのSNSより)

 5月8日(土・日本時間)に米ミズーリ州カンザスシティで開催された総合格闘技イベント『FAC8』で、場内騒然の大番狂わせが起きた。

 170ポンド(77.11kg)契約マッチで行われたマイキー・イングランド(28=米国)vsモントレル・ジェームス(28=米国)の一戦。

 イングランドはレスリングベースで開催地ミズーリ州出身の期待の超新星。アマチュア時代から含めると8戦全勝(アマ4勝/プロ4勝)で、その全てをKO/TKOで決めている“100%KO男”。今回勝利すれば、UFCの若手人材発掘イベントの「ダナ・ホワイトコンテンダー・シリーズ」参戦が見える重要な一戦だ。

 対するジェームスは、プロMMA戦績2勝6敗で現在5連敗中。昨年からボクシングに挑戦するも、1勝2敗とこちらも負け越しており、誰もがイングランドの勝利を疑わなかった。

 試合は開始すぐ、ジェームズが飛び込んでの左ジャブ。軽く被弾したイングランドが返しの左フックを放つが、続けてジェームズの放った右ストレートがコンマ数秒差で速く、イングランドのアゴに直撃!
 ダウンしたイングランドは、ジェームズのパウンド追撃を回避しようとするが、背を向けたところで、ジェームズがチョークスリーパー!
 イングランドが立ち上がって、ジェームズを前方へ振り落とそうと試みるが、ジェームズの腕はイングランドの喉元にしっかり食い込んで逃げれず、開始わずか45秒でタップアウトしてしまった。

 イングランドの勝利を信じていた地元ファンは騒然。解説陣も「大番狂わせが起きた!ジェームズの格闘技人生にとっても最大の勝利だ」と興奮した。思わぬところで初黒星となったイングランドだが、再起を期待したい。

▶︎次ページ(動画)は、UFC行き期待の新星が痛恨のダウン&チョーク葬!

●編集部オススメ

・(動画あり)ポーランド110kg巨漢戦士がローキック“自爆骨折”で担架、激痛映像に「今まで見た中で最悪の怪我だ」と悲鳴=海外キック

・(動画あり)戦慄の“17秒”KO!ハイキックで倒し、うずくまる相手にパウンドの嵐、マッキニーが連続秒殺KO葬=海外MMA

・(動画あり)90kg超の巨漢が舞う戦慄の48秒“竜巻旋風脚”KO劇!「相手が壊されてる!」と驚愕の声

・(動画あり)中東で起きた“体がくの字に曲がるバスター”失神KO劇「落とす角度がヤバイ!」と慄然の声

・(動画あり)メキシコ人気のセクシー覆面美女レスラーがムエタイ女王に“顔面崩壊ボコボコ”KO負け、初黒星に茫然自失=海外MMA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧