TOP > ニュース 一覧

【シュートボクシング】MISAKIが”戦うOL”ERIKOと対戦「誰にも負けないし絶対勝たせない!」=6.20後楽園

2021/05/28(金)UP

MISAKI(右)が10ヶ月ぶり参戦、OLファイターERIKOと対戦する

 6月20日(土)に東京・後楽園ホールで開催される『SHOOT BOXING 2021 act.3』の追加対戦カードが発表された。

 SB日本女子ミニマム級1位・MISAKI(25=TEAM FOREST)と、シュートボクシング初参戦となるERIKO(34=ファイティングラボ高田馬場)の対戦が決定した。

▶︎【フォト】ぱんちゃん璃奈とのタイトル戦で割れた腹筋で計量をパスするMISAKI

パンチを放つMISAKI

 MISAKIは“猪突猛進”のスタイルを貫く、SB女子軽量級を代表する選手。昨年8月に、ぱんちゃん璃奈とのREBELS-BLACK 女子46kg級 初代王座決定戦では惜しくも判定で敗れた。前戦の4月は、タイトルに関連する試合を予定されていたが、交渉していた対戦相手の調整がつかず、急遽、寺山日葵とのエキシビションマッチに変更となっており、今回約10か月ぶりの試合となる。

相手の顔面にストレートを激しく当てるERIKO

 対するERIKOは、MISAKIと同じくひたすら前に出てバチバチの打ち合いを好むファイター。OLをしながら2019年9月のRISEでプロデビュー、敗戦こそしたものの神村エリカの愛弟子・AKARIと3Rを戦い抜いた。昨年12月には代打出場した『REBELS』でKO勝利を収めインパクトを残した。前戦は今年4月の『RISE』で判定勝利し、現在戦績は7戦5勝(2KO)2敗。

 自身のTwitterでMISAKIは「ERIKO 選手、シュートボクシングへの参戦ありがとうございます!!!でも誰にも負けないし絶対勝たせない!シュートボクサーの強さ、ここから証明していきます!」とコメント。

ぱんちゃん璃奈とのタイトル戦で割れた腹筋で計量をパスするMISAKI

 前大会のエキシビションマッチ後、タイトルへの再々挑戦を宣言とともに、「ベルトを獲ったらRENA選手のSBラストマッチで対戦したい」と、近年中の引退を表明しているRENAのラストマッチの相手に名乗りを上げているMISAKI。勝てば念願のタイトルマッチが見えるかもしれない。KO決着必至の一戦を制すのはどちらか。

☆この大会の対戦カード、スケジュール、チケット情報はこちら

●編集部オススメ

・【前戦の写真&レポート】ぱんちゃん璃奈がMISAKIの突進封じ、初代女王の座を勝ち取る

・【前戦の計量】ぱんちゃん璃奈、MISAKIが仕上がった腹筋で計量パス

・ERIKOが右ストレートでKO勝利した試合(2020年12月)

・【シュートボクシング】MISAKIがキレた腹筋で復帰戦の計量パス、ママファイター・祥子JSKも余裕のガッツポーズ

・【シュートボクシング】ツヨカワMISAKIが計量パス「ヒロインになる」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧