TOP > ニュース 一覧

【KNOCK OUT】ぱんちゃん璃奈が次戦は王者クラスとの対戦熱望、宮田Pは「他団体に乗り込んでもいい」と出撃を示唆

2021/07/19(月)UP

強敵sasoriを下したぱんちゃんが一夜明け会見に出席

 7月18日(日)東京・後楽園ホールにて開催された『KNOCK OUT 2021 vol.3』。本大会の第4試合[スーパーファイト KNOCK OUT-BLACK女子-48.4kg契約 3分3R・延長1R]にてsasori(テツジム/PRIMA GOLD)を下したぱんちゃん璃奈(STRUGGLE)が19日一夜明け会見に臨んだ。

 ぱんちゃんは“過去最強の敵”といわれるsasoriと対戦。1Rから的確に右ストレートをヒットさせ続けるも、尻上がりに調子を上げるsasoriがプレッシャーを強化。強振される左右フックをしのぎきり、2-0の僅差判定を勝ち取った。

 ぱんちゃんは前夜の試合を振り返り「ほっとしました」と第一声を発した。お互いに1、2Rをとりあって迎えた第3Rは「気持ちだけで勝てたと思います」といい、「私の方が負けられない理由をたくさんもっていたから」という差が3Rに競り勝てた結果になったという。

ぱんちゃんは次戦に王者クラスとの対戦を希望、宮田充プロデューサーは他団体進出の可能性を示唆

 試合後のリングで「怖かった」と口にしたが、その理由は試合中にないと説明したぱんちゃん。
 試合中は「自分のミドルとパンチで意外と止まってくれた」と手応えを感じていたというが、戦前の練習では「こんなんじゃボコられる、負けたらどうしよう」というプレッシャーと戦い続け、試合当日にはsasoriに1R KOで敗北する夢を見たという。結果として勝利をつかめたことで「縁起の悪い夢はいい夢といわれているので、いい夢が見られてよかった」と前向きにとらえたが、多くのプレッシャーからの解放が「怖かった」につながったという。

試合全般で冴えたぱんちゃんの右ストレート

 ぱんちゃんは同じ試合後のマイクにおいて、現役チャンピオンとの対戦を希望した。自らが保有する46kgのベルトの防衛をしてみたいという希望はありつつも、他団体の王者クラスとの対戦を希望する姿勢を見せる。具体的な相手は宮田充プロデューサーとの相談次第になるといい、マイクを引き取った宮田プロデューサーは「ぱんちゃんは試合の中でも成長して進化を見せてもらっている。昨日の勝利も自信になったのではないか。だからこそ体重や相手も大切になってくるが、必ずしもKNOCK OUTのリングで迎え撃たなければならないとは思っておらず、他団体に乗り込んでいってもいい」と、他団体進出の可能性を示唆。「どんどん強くなって欲しいし、そうあるべき。いいカードを組んであげたいので、そのためなら出撃もあり」と、ぱんちゃんの飛躍の背中を押す姿勢を見せた。

 最後に「応援して下さる方が増えてくれて、応援して下さる熱が増えるとがんばりたいと思います。これからも応援して下さい。必ず他の選手とは違う舞台を見せたいと思います」と会見を締めたぱんちゃん。
 そう遠くないうちに実現するであろう、11勝無敗のKNOCK OUT女王の出撃に期待が集まる。

●編集部オススメ

・[今回の試合]ぱんちゃんが難敵sasoriを僅差判定で撃破=2021年7月

・ぱんちゃんが絞り上げた腹筋で計量パス、sasoriは「悪魔的なダウンを」宣言=前日計量

・【K-1】高梨knuckle美穂、自慢のパンチに手応えも「倒せなかったので悔しい」今後はミニマム級王座新設を希望

・RISE王者・大﨑一貴、IBFムエタイ世界王者・石井一成からダウンを奪い激闘を制する=53kgトーナメント1回戦

・【K-1】KOで有言実行の安保瑠輝也「大口叩いて実力もある、倒せる選手に俺はなります」ベルト獲得を明言

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧