TOP > ニュース 一覧

【BOM】“漆黒の魔神”柿沼慶が“グリーンモンスター”緑川創と激突、竜哉・エイワスポーツジムがTOMOを迎え撃つ=9.26大田区

2021/08/30(月)UP

“漆黒の魔神”柿沼が“グリーンモンスター”緑川と対戦

 9月26日(日)東京・大田区総合体育館にて開催される『BOM-ouroboros 2021-』の追加対戦カードが発表された。

 BOM中重量級エース・柿沼慶(ポゴナクラブ)の参戦が決定。緑川創(GREEN GUNS)との一戦に臨む。

 柿沼は”漆黒の魔神”の異名を持つ、パワフルなハードパンチと闘争心あふれるスタイルが持ち味のファイター。WMC日本ウェルター級、WMCインターコンチネンタルスーパーウェルター級、BOMスーパーウェルター級の三冠を獲得している。しかし直近では海外勢に苦戦が続き連敗中。今年4月にはIMCインターコンチネンタルスーパーウェルター級(69.85kg)王座決定戦に臨むも、プライチュンポンにヒジで切り裂かれ敗北を喫した。

8月にモトヤスックを下した緑川の左ボディ

 対する緑川は新日本キックボクシング協会の重量級エースとして長く君臨した“グリーンモンスター”。13年4月には後にラジャダムナンスタジアム認定スーパーウェルター級王者となるT-98を破り、14年2月にはあのアンディ・サワーからも勝利を収めるなど国内外の強豪と激闘を繰り広げた。19年4月にはWKBA世界スーパーウェルター王座を獲得。その後、海人、ベイノア、日菜太ら国内強豪と鎬を削った。前戦は8月のジャパンキックでモトヤスックを大差判定で撃破し、実力の高さを知らしめている。

RISEから帰還の竜哉がTOMOと対戦

 ラジャダムナン王者の竜哉・エイワスポーツジム(エイワスポーツジム)がホームリングに参戦。TOMO(K CRONY)を迎え撃つ。

 竜哉は19年9月にラジャダムナンスタジアムでミニフライ級王者を獲得する偉業を成し遂げた期待のムエタイ戦士。今年4月には階級が上のMASA BRAVERYと対戦。圧力をかけるMASAを技術で完封する圧勝劇を見せた。近年ではヒジ無しルールへも挑戦。7月にはRISEで数島大陸と対戦するも、痛恨のダウンを奪われ手痛いドローとなった。

 対するTOMOはNJKFのフライ級5位につける実力者。NJKF、NKB、イノベーションといったリングを渡り歩く激闘派を下し、竜哉は勢いを取り戻せるか。

佐野と竹内がBOMフェザー級王座を懸けて激突

 WMC日本フェザー級王者・佐野貴信(創心會)と日本四冠王・竹内将生(エイワスポーツジム)が王座を懸け激突。この一戦はBOMフェザー級(57.15kg)王座決定トーナメント決勝戦として行われる。

 佐野はRISE、レベルス、新日本キックなどさまざまな団体のリングに参戦。RISEではランカーとして活躍を見せる一方、ヒジありルールでは19年にWMC日本フェザー級王座を手にし高い実力を見せつけた。今年4月にはBOMのリングで2R KO勝利を飾っている。

 対する竹内は、Bigbang、MA日本キック、J-NETWORK、WMC日本王座を獲得した国内四冠王。パンチやキック、ヒジ、ヒザをバランスよく使いこなす国内フェザー級屈指の実力者だ。今年7月にはRISEフェザー級王者・工藤政英が持つ王座に挑むも、ダウン応酬の末1R KO負け。再起を懸けホームリングでの一戦に臨む。

 その他喜多村誠vsクアン、士門・PKセンチャイムエタイジムvs宮坂桂介、貴雅vsマサ佐藤のカードが決定している。

<決定対戦カード>
▼BOM 71.00kg契約 3分3R(延長あり)(肘あり)
柿沼 慶
vs
緑川 創

▼BOM フェザー級(57.15kg)王座決定トーナメント 決勝戦 3分5R(延長あり)(肘あり)
佐野 貴信
vs
竹内 将生

▼WMC フライ級(50.80kg)契約 3分3R(延長なし)(肘あり)
竜哉・エイワスポーツジム
vs
TOMO

▼BOM 73.00kg契約 3分3R(延長なし)(肘あり)
喜多村 誠
vs
クアン

▼WMC日本バンタム級(53.52kg)契約 3分3R(延長なし)(肘あり)
士門・PKセンチャイムエタイジム
vs
宮坂 桂介

▼WMC 日本 ライト級(61.23kg)3分3R(延長なし)(肘あり)
貴雅
vs
マサ佐藤

●編集部オススメ

・名高が佐藤仁志と対戦決定「美しいムエタイ魅せる」Sフライ級王者トーナメント決勝で誓vsダイヤ=9.26大田区

・木村ミノルと火花のMIKE JOEが“戦うクリスチャン”松島勲也と対戦

・梅野源治が皇治戦での怪我から復帰戦、”王者食い”ロンペットと対決=9.26

・【ラウェイ】テレカ∞とヴィーガンファイター・杉山和史が対戦、半田勝也vs内田ノボル、渡慶次幸平と佐藤光留の参戦も決定=10.6後楽園

・【K-1】“先輩越え”狙う林健太「唯一勝てるのはメンタル、今の俺だったら届く」対する佐々木大蔵「勝負は残酷、お互い全力を出し合う」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧