TOP > ニュース 一覧

【DEEP JEWELS】ケイト・ロータス、悔しい敗戦にも「一歩ずつ這い上がりたい」経験を積み、実力アップへ

2021/09/05(日)UP

試合後インタビューに応じたケイト

 9月4日(土)、東京・新宿FACEで開催された『skyticket Presents DEEP JEWELS 34』のセミファイナルでミッコ・ニルバーナ(AACC)に判定負けを喫した、ケイト・ロータス(KING GYM KOBE)が試合後のインタビューに応じた。

 試合を終えて、ケイトは「悔しい気持ちが強いです。相手はこういう風に動いてくるという通りに動いてきて、対策もしてきて出来ているところもあった。確実に仕留める力が足りていないと思います」とコメント。

 序盤はミッコのタックルに対して、テイクダウンディフェンスや左ストレートなどの打撃で対抗。だが、後半になるにつれてグラウンドの展開が増え、寝技やパウンドでコントロールされる場面が目立ってしまった。

左ストレートをヒットさせるケイト

 対戦したミッコについては「イメージ通りというか、塩漬けしてくるやろうなと思っていました。その通りの選手で、特に試合する前とした後で特に変わったところはない」との印象を語った。

 打撃では左ストレートなどのパンチを良いタイミングでヒットさせる場面もあった。「初めの打撃の時点でいいパンチを当てられたとは思うけど、もっと自分の距離感を掴めたら勝負は変わってきたと思います」というように、自身の距離、ペースで戦うことが今後の課題となりそうだ。

 相手が上になった際でも下からパンチを当て、三角絞めを狙うなど果敢にチャンスを窺っていたケイト。「下からパンチを当てていて(相手は)嫌がっていたけど、また違う展開にすることができませんでした。三角(絞め)が力不足で取れなくて、もう少し磨いていけばレベルが上がっていくと思います」と更なる技術向上を目指していくとした。

下からのパンチで気迫を見せたケイト

 今後については「沢山試合がしたいです。今回半年ぶりで緊張していたけど、楽しくて経験をもっと積んでいけば、実力もついてくると思います。一歩ずつ這い上がりたいです」と前向きなコメントを寄せた。

 連敗となってしまったケイトだが、まだMMAのキャリアは少なく今後の成長に期待がかかる。DEEP代表・佐伯繁氏も、ケイトの戦いについて「良かった」と振り返っており、今後のケイトの進化に注目が集まる。

●編集部オススメ

・ケイト・ロータスが黒ビキニのマッスルポーズで計量パス「明日は死ぬ気で勝ちにいく」

・【DEEP JEWELS】ミッコがケイト・ロータスを予告通り地獄へ落とす、ケイトは持ち味消され2連敗

・話題の美女ファイター ケイト・ロータスがデビュー戦へ純白水着で計量パス

・計量でお嬢様キャラ・山本美憂が降臨!JK、コスプレYouTuber、元自衛官、元アイドル大集合

・[本日の試合]伊澤星花、圧巻の強さで長野&富松から二本奪取し勝利=グラップリングタッグマッチ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧