TOP > ニュース 一覧

【NJKF】1年半振り復帰の波賀宙也「ムエタイにはムエタイじゃないと勝てない」、フィジカル強化の大田拓真は「燃えている」と先輩王者越え目指す

2021/09/13(月)UP

1年半ぶり復帰の波賀と若きエース・大田のインタビューが届いた

 9月19日(日)東京・後楽園ホールにて開催される『NJKF 2021 3rd』。本大会のダブルセミファイナルⅡにて行われる[NJKF 57kg契約スーパーファイト 3分3R]に出場する、IBFムエタイ世界ジュニアフェザー級王者・波賀宙也(立川KBA)、元WBCムエタイ日本統一フェザー級王者・大田拓真(新興ムエタイ)の戦前インタビューが主催者を通じ届いた。

 波賀はNJKFスーパーバンタム級王座、WBCムエタイ日本統一スーパーバンタム級王座、IPCCインターコンチネンタル60kg級王座など数々のタイトルを獲得してきた国内屈指のムエタイ実力者。19年9月にはトンサヤーム・ゲッソンリットを下し、IBFムエタイ世界ジュニアフェザー級王座を手にした。昨年2月にフアサン・オーユッタチャイをヒジ撃ちでTKOに下した。以来約1年半ぶりの復帰戦となる。

19年にIBF王座を奪取した波賀の左ミドル

 波賀は本来、昨年6月にIBF王座の防衛戦が決定していたが、新型コロナウイルスの影響により延期に。今年5月に日本人相手の試合が持ち上がるも、条件が合わず見送りになり、結果1年半の試合間隔が空いてしまったという。
 現在のコンディションは「体の出来は6割くらい」と、徐々に上げている最中という波賀。試合間隔の影響は「正直やってみないとわからない」というも「練習の動きは普段と変わらない」と、手応えを感じているという。

 今回対戦する大田は、若きNJKFのエースと評される逸材。波賀と同じくムエタイをベースとするファイターだ。波賀は「何でもできる、すべてをそつなくこなす」と技術を高く評価。大田のジムがムエタイベースであることに触れると「ムエタイで勝ちたいですよね。特に相手がムエタイのジムだから、ムエタイで勝ってこそ意味がある。ムエタイにはムエタイじゃないと勝てない」と、ムエタイ技術戦を仕掛けた上で上回ると宣言する。

 また大田がNJKFのエースと目される点に触れると「大田君はNJKFのベルトを獲っていない。エースを名乗るからには、やっぱりベルトを獲ってからだろ」と大田のタイトル歴に苦言を呈する波賀。NJKF戴冠前にWBC王座を手にしたキャリアに対し「ちゃんとステップを踏まないとダメ。とりあえずNJKFのエースを倒します」と、NKJF王座経験のある世界王者として”けじめ”をつける構えを見せた。

ムエタイをベースに多彩な技術を持つ大田の右バックスピンキック

 対する大田はNJKFの次世代エース。18年6月にWBCムエタイ日本フェザー級王座、19年12月にはS1ジャパン55kg級王座決定トーナメントを制し二冠を達成した。今年1月にはRISEに参戦し、RISEフェザー級王者・工藤政英に判定負け。今年7月にはKNOCK OUTで小笠原瑛作と対戦予定だったが「感染症拡大防止のため、一定の待機期間を設ける必要のある選手」に該当し欠場。約8か月ぶりのリングとなる。

 大田は前戦となった1月のRISEを振り返ると「やっぱりフィジカル面がすごく足りない。フェザー級の体じゃない」と、パワー負けしたフィジカルに反省点を見出したという。約8か月の空白期間は「ジム練を減らして筋トレを増やした」とパワーアップに集中。体つきにも変化を感じているという。

 今回波賀との対戦が決まり「ずっとトップでやってきている方なので、“波賀選手とやれるんだ”って最初ビックリした」という大田。試合の受諾に感謝をしつつも「これは超えたいと思って燃えています」と、偉大な先輩越えに意欲満々な様子を見せる。

19年8月に共にプロモーションに参加した両者がムエタイ技術戦に挑む

 選手としての印象を「もう本当に”ムエタイ”という感じ」と、生粋にムエタイファイターとして警戒。自身もムエタイベースであることをメリットとし「ムエタイが嫌がるような戦い方をしようと思います。ずっとムエタイスタイルでやってきたので、嫌なスタイルは分かっています」と、ムエタイならではの攻略に自信アリの様子だ。

 大田が試合から離れたこの8ヶ月の間、実弟である一航は2月にはRISEで王者・大﨑一貴と接戦を演じ、8月にはジャパンキックのエースの一角・馬渡亮太からダウンを奪い判定勝利と、着実に名を上げていた。
 大田は「ちょっとした焦りもあった」というも「だめなところもいっぱい直せた」と、空白期間をプラスに変えた。兄の威厳、そしてNJKFエースとしてのプライドが懸かるこの一戦。最後に大田は「今回しっかり勝って、久しぶりに見に来てくれる人も結構いるので、楽しんで帰ってもらいたいなって思います」と意気込みと共に、先輩王者越えをを狙う。

●編集部オススメ

・二冠目に挑む松本龍斗「ローをバチバチ蹴ってヒジで斬る」10連勝中の安本晴翔はアウェイのリングで“KNOCK OUT”宣言

・[19年8月に両者参加したプロモーション]波賀宙也・大田拓真が大会PR、共に世界ベルト奪取に向け勝利を誓う

・【K-1】2階級制覇に挑戦する野杁正明、対抗馬の安保瑠輝也に「負ける要素は1㎜もない」=9.20ウェルター級T

・【ホーストカップ】”鉄人空手家”田渕神太が、元MA王者で原口健飛門下の一樹と対決

・【RISE】8頭身女子ファイターAKARIが計量パス、YAYAに「優越感に浸れるのは今のうち」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧