TOP > ニュース 一覧

【K-1】スーパー・フェザー級に新展開、朝久裕貴が台頭「日本でベルトを巻くのはK-1と決めている」

2021/09/21(火)UP

KO勝利でアピールした朝久裕貴が、スーパー・フェザー級で台頭する

 9月20日(月・祝)に神奈川・横浜アリーナで開催された『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN〜よこはまつり〜』の一夜明け会見が、21日(火)都内にて行われた。

 一夜明け会見には、前日に勝利を収めた選手が出席したが、卜部弘嵩(32=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)と激闘を繰り広げた芦澤竜誠(26=DRAGON FISH)は病院で検査を受けているために欠席。ワンマッチで勝利をあげた選手が続々と登場した。

 その中でも異彩を放ったのは、MOMOTARO(31=OGUNI-GYM)をKOで倒した朝久裕貴(25=朝久道場)だ。「1R KOといういい結果を残してよかった」と笑みをこぼしたが、その表情は自信にあふれていた。「これまで蹴りのイメージが強かったと思いますが、パンチでも倒せることが証明できました」とMOMOTAROを倒したフックを振り返る。

朝久のパンチでMOMOTAROが倒れ、レフェリーが止めた瞬間

 記者にKOしたパンチの軌道について質問された朝久は、「(ショート)フック、ストレート、オーバーハンドの3つの間の独特のパンチです」と秘密の一端を明かした。当初は妖刀でのKOを約束していたが、「妖刀は足技とパンチの2つあります。MOMOTARO選手の出入りが早く、1Rでは出せないと思っていたので、左のパンチで仕留めることができました」と秘策は温存したまま倒したことを明かした。

村越優汰が正式に“判定マシーン”を襲名

 次の目標は、「日本でベルトを巻くのはK-1と決めていて、戦いたい選手がいると言いましたがタイミングが合えば、いずれ戦いたいですね」とスーパー・フェザー級戦線に名乗りをあげた。同階級には、今大会で勝利をものにした“判定マシーン”の村越優汰(27=湘南格闘クラブ)、“K-1の悪童”芦澤竜誠と選手が揃っているため、夢のカードの実現にも期待がかかる。

 ちなみに村越は「判定マシーンは、俺のキャラ。人それぞれだし、俺には俺の味がある」と会見でしっかりとニックネームを強調した。

小林幸子(右)とのツーショットが実現した龍華

 女子では櫻井梨華子(29=優弥道場)を破った壽美(25=NEXT LEVEL渋谷)が「試合が終わってパンを一気に6個食べました」と和ませる場面も。

 また特別ラウンドガールを務めた歌手の小林幸子と奇跡のツーショットが実現した龍華(19=TANG TANG FIGHT CLUB/team JOKER)は、「SNSが反響大きくて、おじいちゃんからも連絡をもらいました」と笑わせた。

 城戸康裕(38=谷山ジム)の独演会あり、佐々木大蔵(30=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)が林健太(27=FLYSKY GYM)との激戦で成長できた実感を報告するなど、一夜明け会見は最後まで大会の余韻を残すこととなった。

▼この会見の写真

●編集部オススメ

・昨日の試合【K-1】朝久裕貴が”最強宣言”で武尊に挑戦状か、MOMOTAROに1R KO勝利で(動画あり)

・昨日の試合【K-1】“湘南の蹴撃スナイパー”村越優汰、KOマシーンの西元也史を完封、初回にダウンも奪う(動画あり)

・昨日の試合【K-1】“特別ラウンドガール”小林幸子も大興奮!龍華が蓮實光をハイキックで倒して8連勝

・【K-1】ウェルター級新王者・野杁正明「今後も怪物らしく、バッタバッタと相手を倒していく」=一夜明け会見

・【K-1】石井慧がミルコ・クロコップから「おめでとう」と祝福!重量級は京太郎、カリミアン、愛鷹が揃い激戦区に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧