TOP > ニュース 一覧

【RISE】大﨑孔稀、志朗戦へ全集中「作戦がハマれば勝てる、志朗選手のペースにさせない」

2021/09/22(水)UP

ミット打ちを披露する大﨑孔稀

 9月23日(木・祝)神奈川・ぴあアリーナMMで開催される『Cygames presents RISE WORLD SERIES 2021 YOKOHAMA』の、RISE DEAD OR ALIVE 2021‐53kgトーナメント準決勝で、志朗(BeWELL キックボクシングジム)と対戦する、大﨑孔稀(OISHI GYM)が公開練習を行った。

 当初は兄・一貴がトーナメントジ準決勝に出場する予定であったが、練習中に右足を骨折。7月のリザーブマッチで金子梓に勝利した孔稀が、本戦に繰り上がり参戦することになった。公開練習では、シャドー&ミット打ちを披露。切れ味鋭いワンツー、フックやミドルキックをテンポよく繰り出していった。

 トーナメントで繰り上がりの参戦になることは、大﨑自身想像はしていなかった。リザーブファイトから本戦出場、さらにはトーナメント制覇を成し遂げた選手はそう多くはないからだ。参戦に際し、多少の戸惑いはあったが「(カードが)発表された時は覚悟は決まっていました」という。

公開練習ではシャドーも行った

 欠場する兄に現在は対策を練ってもらいながら、トーナメント制覇を狙う。「自分で掴んだチャンスなので、モノにするかは僕次第ですね。そこを自分で手に取ろうと思います」と日本最強を決めるトーナメント制覇を誓う。

 準決勝で対戦する志朗は、RISEバンタム級王者・鈴木真彦など、国内外の強豪選手を撃破してきた強豪。志朗について、大﨑は「頭使って分析して、それを試合で徹底的に遂行している。(攻撃を)貰わないし倒せる力もある。一瞬の隙で技を出すのでトップ選手だと思います」と分析する。

 1日で準決勝、決勝と2試合を戦わなければならないが、大﨑は準決勝の志朗戦で全集中している。「志朗選手の右ストレートはノーモーションでカウンターで出してくるので、倒れる威力はある。それを貰わないようにして、ジャブの使い方も上手なので、いかに外せるかです」と攻略の糸口は見えている。勝負の鍵については「僕が練習している作戦がハマれば勝てる。志朗選手のペースにさせないことですね」と述べる。

 どのような試合になりそうかとの問いには「志朗選手が来てくれるイメージはないので、距離を取ってタイミングを測る技術戦になるかなと思います。僕自身、テクニックはある方だと思っているので、それに加えて(準備してきた)作戦を出したい」と答える。

 さらに「この階級日本一と言えるトーナメントだと思う。誰もが文句を言わないと思うトーナメントなので、これを取ったらRISEを背負う気持ちでいます。色んな団体の強い選手とやって勝って、RISEが盛り上がってる格闘技で強いというのも広めていきたい」とRISEの顔になるとの展望も語った。兄・一貴に代わって参戦する孔稀が、トーナメントに嵐を巻き起こす。

☆この大会の対戦カード、スケジュールなど詳細はこちら

●編集部オススメ

・【RISE】大﨑孔稀、負傷した兄・一貴の代役で志朗と対戦、優勝したら那須川戦に「名乗りを上げるチャンス」=53kgT

・【テレビ・配信】9.23 那須川天心vs鈴木真彦ほか「RISE横浜大会」生中継、配信情報

・志朗、那須川天心と拳を交えた大﨑孔稀を“予想以上”と評価も「那須川天心に近い男は自分しかいない」

・【RISE】雪辱に燃える白鳥大珠、直樹を「一方的な展開、何もさせずにぶっ倒す」=公開練習

・【RISE】那須川天心がアーティストデビュー、横浜大会のテーマ曲にも

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧