TOP > ニュース 一覧

【Krush】中村プロデューサーが大会総括、玖村修平の王座戴冠や神保克哉の衝撃KO、無敗の超新星対決ほか

2022/05/23(月)UP

ベルト巻いた玖村修平(左)が、弟の将史(右)と記念撮影

 5月21日(土)東京・後楽園ホールで開催された『Krush.137』の総括を中村拓巳K-1プロデューサーが行った。

 メインイベントでは、玖村修平(K-1ジム五反田チームキングス)が、王者・新美貴士(名古屋JKファクトリー)を判定で下して、念願のKrush王座を戴冠した。

 中村プロデューサーは、近距離の削り合いは新美の強さが光ると考えていたが、玖村が最終Rに押し切った様子を見て「どれだけ厳しい練習をしてきたか、ベルトにかける想いがあったからかなと思います。玖村選手は一度ベルトを獲れなかったり、怪我もあり苦しいキャリアだったと思いますが、新美選手からベルトを獲って、そこはあっぱれです」と称える。

玖村が蹴りで新美の前進に対抗する

 敗戦した新美についても「積極的に防衛を重ねて、戦うチャンピオンとして素晴らしいキャリアを築いた。ベルトは失いましたが、フェザー級トップの一角であることは変わらない」と、今後の活躍に期待を寄せた。

 セミファイナルでは、合計63kgの過酷な減量を乗り越えた植村真弥(WSRフェアテックス幕張)を、神保克哉(K-1ジム目黒TEAM TIGER)が気合の左フックでKO。「最終的には気合です」と、-75kg戦線の主役に改めて名乗りを挙げた。

剛腕フックでKO勝利した神保(右)

 神保の最近の試合は、K-1での戦いであっただけに、久しぶりのKrush参戦に「大きくなって帰ってきた」と中村プロデューサー。「あのままKOにならないかなと思っていたところで、倒しきったのはさすがですね」と、衝撃KOを高く評価。敗戦した植村含め、松倉信太郎なども在籍する-75kg戦線について「改めて階級新設を考えていきたい」と前向きな発言を残している。

 また、無敗の新星対決として注目を集めた、稲垣澪vs寺田匠は、寺田がアマチュア時代の無念を晴らして判定勝ち。結果としては、両者に白黒が付いたが「キャリアのどこかでまたやると思っています。Krushからライバルストーリーが続いていく」と語った。

寺田は宣言通り左のボディフックなどの攻撃で攻めた

 また、ムエタイファイターとして、初参戦した大田拓真についても「ラウンド重ねるごとにルールにアジャストして、センスがあるなと思いました。K-1 JAPAN GROUPで純粋培養されてないジムから、K-1ルールに挑んでくれる選手がいることで、良い技術革命になるんじゃないのかなと思います」としている。

※この大会のレポート・写真はこちら

●編集部オススメ

・【Krush】玖村修平、執念のラッシュで新美貴士にリベンジ戴冠「才能は努力で越えられる」神保克哉が植村真弥を豪快KO

・【Krush】V4目指す新美貴士「命懸けで倒しに行く、それがチャンピオン」玖村修平は「倒れない新美選手を倒す」=前日計量

・パッキャオがチャリティイベントに登壇、”金”の直筆サイン入りグローブを竹内力が落札

・秋山成勲とボビー・オロゴンがガチスパー、ボビーが抜群のパワーで秋山苦戦、鼻血も秋山成勲とボビー・オロゴンがガチスパー

・RENAとも戦った美女戦士ヴァンザント、”61秒”KO負けで失神=米InvictaFCRENAとも戦った美女戦士ヴァンザント、”61秒”KO負けで失神=米InvictaFC

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧