TOP > 試合結果 一覧

【M-1アマチュア】那須川天心と名倉彗悟が3階級制覇!服部柊斗が初防衛に成功

2012/08/26(日)UP

M-1MC
「M-1 FAIRTEX SINGHA BEER ムエタイチャレンジ
第53回M-1ムエタイアマチュア大会」
2012年8月26日(日)千葉・ウィラサクレック天王台ジム
写真&レポート=鈴木雄一郎

▼M-1ジュニア50kg級王座決定戦 2分3R
○那須川天心(チームTEPPEN/M-1ジュニア50kg級1位)
判定
●佐々木輝夜(尚武会/M-1ジュニア50kg級3位)
※那須川がM-1ジュニア50kg級王者に

  1R、序盤は互いに様子見の状態が続き、どちらも手を出す様子がない。先に動いたのは那須川。ワンツーから左ローを素早くつなげ、軽いフットワークでリン グを広く使っていく。対する佐々木は、単発ながらも右ミドルで応戦。佐々木はこのラウンドは、様子を見ながら右ミドルを打っていく展開。

 2R、佐々木が右ミドルを打つと、那須川はワンツーと右フック。どっしりとした構えで、ジリジリと距離を詰めていく那須川は、ワンツー! 

  何とかガードした佐々木は右ミドルを返す。すかさず那須川は左ローを返す。那須川のプレッシャーに押されたのか、佐々木が下がる姿が目立つ。

 3R、那須川は、このラウンドになると、パンチ主体の攻勢にシフトチェンジ。ジャブを打ちながら積極的に前に出てパンチから左ロー。那須川ペースで試合が進み、判定で那須川が勝利。40kg級、45kg級に続いて3階級制覇を達成した。


▼M-1ジュニア40kg級王座決定戦 2分3R
○名倉彗悟(堀切KMC桜/M-1ジュニア40kg級1位)
判定
●バンフース・ハンター(尚武会/M-1ジュニア40kg級8位)
※名倉がM-1ジュニア40kg級王者に

  1R、 ワンツーから左ミドルのバンフースに対して、右ミドルを打つ名倉。ジワジワと距離を詰めるバンフースは、左右の前蹴りを打ち、右ロー。名倉は首相撲で応戦。名倉は右ミドルを中心とした攻勢を組み立てていく。

 2R、序盤は首相撲の応酬が続いていき、その後名倉は右ミドル、バンフースはパンチで応戦していく。バンフースの右 ミドルを名倉がキャッチ、そのまま強引に首相撲に持ち込んでいく。その際に放った名倉のヒザが、バンフースの下腹部に入り、一時中断となる。再開した時に は残り10秒。首相撲とヒザを打ち合って終了。

 3Rは2Rとほぼ同じ流れとなり、勝敗の行方は判定に持ち込まれることとなった。結果、名倉が判定で勝利し、30kg級と35kg級に続いて3階級制覇を達成! 3階級制覇は、兄・拓海に並ぶM-1ジュニアタイ記録となる。


▼M-1ジュニア35kg級タイトルマッチ 2分3R
△服部柊斗(WSR西川口/M-1ジュニア35kg級王者)
ドロー 判定
△佐々木雄汰(尚武会/M-1ジュニア35kg級1位/挑戦者)
※服部が初防衛に成功

  1R、パンチから右ミドルを打つ佐々木に対して、左ミドルで応戦する服部。首相撲を仕掛ける服部は、コーナーに佐々木を詰めてヒザを打っていく。中盤以 降、互いに距離をとっていくが、両者同時にミドルを打ち、コーナーで首相撲の応酬が続いていく。

 2R、開始前に、雄たけびをあげ、自ら気合いを入れた佐々木。ゴングが鳴ってしばらく首相撲が続いていく。服部の右ローに、佐々木は右ストレートから首相撲。

  その後佐々木はパンチから首相撲のパターンを繰り返していく。服部は右ローと右ミドルを蹴り分けていく。

 3R、ジャブを突きながら前に出る服部。佐々木も前に出て首相撲を仕掛けていく。しかし、服部は佐々木を首相撲で回して倒す。立ち上がった佐々木は、ジャブを突きながら右ミドル。服部も右ミドルを返していく。

  すかさず右ミドルを打つ佐々木だが、服部はこれをキャッチしてコーナーに詰めて首相撲からヒザ。勝敗は判定となったが、結果はドロー。服部がドロー防衛という形で初防衛に成功した。


▼M-1ジュニア30kg級王座決定戦 2分3R
○中島将吾(尚武会/M-1ジュニア30kg級1位)
判定
●山本 礼(WSR幕張/M-1ジュニア30kg級3位)
※中島がM-1ジュニア30kg級王者に

 1R、オーソドックスの中島に、サウスポーの山本。パンチを打ちながら前に出る中島に、左ミドルと首相撲で応戦する山本。首相撲をしかける山本を、コーナーに詰めてヒザを叩き込んでいく中島。中島は、その後もパンチを打って前に出るも、山本の左ミドルを被弾してしまう。

 2R、しばらく様子見の状態が続いていく。

  中島が距離を詰めて首相撲をしかけると、山本もこれに応じる形となり、首相撲の応酬が続いていく。中盤になると、山本がじんわりと距離を詰めていき左ミドル。中島は右ミドルを返していく。

 3R、距離を取る山本に、左ミドルから首相撲へと果敢に攻めの手を増やしていく中島。焦るそぶりを見せず、至って冷 静な山本は、中島の右ミドルをキャッチしてロープへ押し込んでいく。この光景が徐々に目立ってくる。中島はワンツーと首相撲で応戦していく。勝敗は判定に 持ち込まれることとなり、結果、中島が勝利。25Kg級に続いて2階級制覇を達成した。


  M-1ジュニア25kg級は、彪雅(クロスポイント吉祥寺)が認定王者という形で、彪雅が第9代M-1ジュニア25kg級王者となった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧