TOP > 試合結果 一覧

【DEEP】長島自演乙、西川にまさかの判定負け

2015/04/05(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

超人クラブ
「超人クラブ15周年記念大会 DEEP八王子超人祭り!」
2015年4月5日(日)東京・エスフォルタアリーナ八王子

▼第17試合 メインイベント キック 70kg契約 3分3R
○西川康平(超人クラブ) 
判定3-0 
●長島☆自演乙☆雄一郎(魁塾/K-1 WORLD MAX 2010日本王者)

 6年半ぶりのDEEP参戦となる長島はK-1MAX日本トーナメントを制した実力者。昨年9月に中国遠征試合で勝利し、それ以降4戦するも勝ち星から遠ざかっており、復活の狼煙を上げることが出来るか。対する西川は、K-1甲子園2009関東地区準優勝の実績を持ち、現在Krushで活躍中。

 1R、西川は左ミドル主体の攻め。プレッシャーをかける長島は日本拳法仕込みの踏み込みの鋭い右ストレートから大振りのフック連打を見せる。西川は細かいスピードのパンチ連打を返し、何度か長島の顔面を捕えた。

 2R、左フック、右ストレートで前に出る長島。西川は左ミドルからパンチにつないで反撃。終盤には長島がパンチラッシュを仕掛けたところでゴング。

 3R、プレッシャーを強める長島がパンチ連打を見せると、西川はクリンチで連打を遮断し主導権を握らせない。

 退がりながらも西川は左ミドルを当てていく。一進一退の攻防を見せ終了のゴング。判定3-0で西川が番狂わせの勝利を収めた。


【試合動画】長嶋☆自演乙がムエタイと対戦

 


▼第16試合 セミファイナル MMA フェザー級 5分2R
○今成正和(Team-ROKEN/元DEEPバンタム&フェザー級王者) 
一本 1R 4分11秒 ※腕ひしぎ十字固め
●幕 大輔(パラエストラ八王子/マッハ道場/アウトサイダー初代60-65kg級王者)

 足関節技の達人として知られ、“足関十段”の異名を持つ今成だが、昨年は1勝3敗という戦績。特に昨年10月の廣田瑞人戦ではTKO負けを喫し、佐伯繁DEEP代表が「引退も含めて話し合う」と言ったほど、限界を感じさせる内容だった。しかし今年2月の『GRANDSLAM』では、ZSTのトップ選手である伊藤健一からスリーパーホールドで一本勝ちし、復活の兆しを見せている。

 対する幕は前田日明がプロデュースする『THE OUTSIDER』の60-65kg級王者。立ち技でも寝技でも相手を殴り続けることから、“寝ても立ってもフルボッコ 取手の拳帝”の異名を持つ。

 1R、お互いに警戒してか、見合う展開の中、幕の左フックで今成が後方に倒れる。間髪入れず、幕がパウンドで追撃すると、下の今成はオモプラッタを仕掛け、上のポジションを取り返す。今成はパウンドを落としながらサイドポジションを取る。幕の腕を取った今成は腕十字を仕掛け、一本勝ちした。

 


 


▼第15試合 MMA ライト級 5分2R
○銀次郎 a.k.a 親方(パラエストラ八王子/超人クラブ/元WMFミドル級王者、元UKFインターコンチネンタルミドル級王者、元M-1ミドル級王者)
TKO 2R45秒 ※レフェリーストップ
●野副忠佑(GRABAKA)

 銀次郎は新日本キックボクシング協会の宇都宮尾田ジムからプロデビュー。2005年7月3日、当時日本ミドル級王者だった松本哉朗と引き分けた戦績を持つほか、数々のタイトルを奪取するなど実績を積んできたハードパンチャー。今回MMAデビュー戦を迎えた。

 1R、野副のタックルをきった銀次郎は金網を背に組み付きながら細かくヒザ蹴りを入れる。野副にテイクダウンされてもすぐに上のポジションを取り返しパウンドを入れていく。

 2R、スタンドの勝負になると、銀次郎が素早いパンチのコンビネーションで野副を圧倒。左アッパーをクリーンヒットさせ、野副がダウンしたところでレフェリーが即座にストップした。 


 

▼第14試合 Asiatoルール 73kg契約 3分2R ※ヒジ・頭突きあり
○ヒロ三河(三河幕府)
TKO 1R 1分20秒 ※レフェリーストップ
●大山勇樹(超人クラブ/Asiato) 

▼第13試合 エキシビションマッチ 5分1R
-卯月 昇(チームドラゴン/ヒデズキック) 
勝敗なし
-渡辺一久(フリー/元プロボクシング日本フェザー級王者)

▼第12試合 超人クラブ認定 over35age MMA王座決定戦 65kg契約 5分2R
○中澤達也(益荒男代表)
判定2-0
●高橋裕三(E.D.O道場)
※中澤は新王者に

▼第11試合 超人クラブ認定 over35age キック王座決定戦 61.2kg 3分2R
○高見澤章光(E.D.O道場)
判定3-0
●宮崎智広(超人クラブ/tm企画)

▼第10試合 MMA フェザー級 5分2R
○渡辺もや(東北連合)
判定3-0
●堀地(超人クラブ) 

▼第9試合 MMA ウェルター級 5分2R
○成田佑希(東北連合)
TKO 2R 4分50秒
●安藤 純(超人クラブ) 

▼第8試合 MMA ミドル級 5分2R
○山下 剛(マッハ道場)
TKO 2R 3分50秒 ※セコンドからタオル投入
●降矢浩希(超人クラブ/アスプロスドラーゴ本宮塾)

▼第7試合 MMA 58kg契約 5分2R
○小林悟朗(GOKITA GYM) 
判定2-0
●八王子オブ・ザ・デッド(パラエストラ八王子)

▼第6試合 MMA フェザー級 5分2R
○ブラックコンバ(パラエストラ八王子/コンバ共和国)
判定3-0
●チャーミー小川(何気柔術アカデミー) 

▼第5試合 フルコンタクト空手 本戦1分30秒延長1分
○平山 慶(白蓮会館羽曳野支部)
判定3-0
●星野力也(team Majestic/小学5年生)

▼第4試合 MMA フライ級 5分2R
○遠藤勇樹(和術慧舟會HEARTS)
判定3-0
●吉田朋雄(超人クラブ/獄窓) 

▼第3試合 MMA ライト級 5分2R
○YOSHIKI(大和魂一族)
一本 1R 2分50秒 ※腕ひしぎ十字固め
●中村亮磨(超人クラブ)

▼第2試合 MMA ミドル級 5分2R
○シバター(P’s LAB横浜)
一本 1R 1分48秒 ※チョークスリーパー
●築田大樹(何気柔術アカデミー)

▼第1試合 キック 72kg契約 2分2R
○カズさん(超人クラブ/千人童士) 
判定3-0 
●純ちゃん(超人クラブ/tm企画)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧