TOP > 試合結果 一覧

【海外ムエタイ】和田拓飛、押川大也がラジャダムナンで格上相手にTKO勝利

2019/06/16(日)UP

ボディストレートを決める和田拓飛

『スックワンギントン』
2019年6月16日(日・現地時間)タイ・ラジャダムナンスタジアム

 ウォーワンチャイプロモーションより和田拓飛(萬田道場)、押川大也(エクシンディコンジムJAPAN)の2名が 6月16日のラジャダムナンスタジアム、スックワンギントンに出場した。

 両選手はタイで試合経験を積むことで、 近い将来ラジャダムナンスタジアム、及びギントンプロモーション主催興行を盛り上げる存在になるべく期待を集めた選手であり、今回も格上の相手が用意された。

▼第1試合 108P契約
〇タクト・ウォーワンチャイ(和田拓飛/萬田道場)
3R TKO
●イーロン・ルークジャオポークンパカーン

 和田拓飛は、前回(2月3日)のラジャダムナン参戦では試合前の対戦相手変更により、本来より2.4㎏も重い相手との対戦となったものの吹っ切れたかのような打撃の数々を見せ、見事判定勝利。
 対戦相手、イーロン・ルークジャオポークンパカーンはムダハン県出身16歳。過去100戦の戦績がある。

 初回、イーロンはミドルキックを繰り出すが、和田はそこにパンチとローキックで挑んでゆく。イーロンの蹴りは単発だったがタイミングが抜群で、そのミドルキックが和田の体に食い込むようにヒットする。
 和田もひるまず前に出るが、両者とも強打を持っているため、初回からKO勝負の予感がしたほどだ。

 2ラウンド、ここで和田も高い蹴りを連射。するとイーロンは組んでくるが、和田が踏ん張り膝を数発決めるとイーロンはそれ以上は組んでこなくなる。和田は再びミドルとパンチで間合いを詰めた。

 3ラウンド、和田陣営のセコンドは、和田の強打にイーロンがダメージを負っていることを見抜いたのか、ここから「ボディー攻撃を増せ!」との指示が出た。和田はボディーストレートとボディーフックを折りまぜたコンビネーションに移行。イーロンの豪快なミドルキックに飛び込むようにボディーストレートを打ち込む。
 両者とも強打者なため、技が相打ちになった瞬間、和田が受けるダメージもあったかもしれないが、それでも和田は身体を小さくつくりイーロンへとボディーブローを放った。
 和田の執念深いボディー攻撃に、イーロンは一瞬ボディーをかばい、うずくまる姿勢を見せた。和田はこの瞬間を見逃さず、ここから首を取り一気に膝の連射。イーロンが逃げの姿勢に入るところを、更にボディーパンチを決めここでイーロンはダウン。レフリーはカウントを数えるも、イーロンは立ち上がってくることができず和田のTKO勝利が決まった。

 和田はセコンドの「ボディーを攻めろ」という声を拾い、そこからボディーを軸に攻め込みKO勝ちまで繋いだことは見事だった。今回は16歳にして100戦の戦績を持つ強者との対戦に勝利した和田だが、着々とそのレベルを上げ関係者らの期待に応えている。

 和田拓飛から勝利の声が届いている。
「ラジャダムナンで初めてKO勝利することができとても嬉しいです。今回は勝つことができましたが、反省点や課題も見つかったので、そこを練習で補い、また次戦に向けて頑張ります。試合を組んでくれたプロモーター、セコンドの皆さん、タイ関係者の皆さん、本当にありがとうございました。次戦も頑張りますので応援をよろしくお願いします。」

▶︎次ページは中学3年生の押川大也がローキックで攻めまくった第9試合の模様

●編集部オススメ

・中学3年の押川大也がラジャダムナン3勝目に向け出陣

・【ムエタイ】石井一成がIBF世界タイトル獲得、元王者のタイ選手を悶絶KO葬

・【K-1】6.30両国 ゲーオが優勝予告、ラジャ4位・20歳ムエタイ戦士の強さとは

・【ボクシング】京口紘人を苦しめたムエタイ王者ナコーン「判定で負けたとは思ってない」採点を分析

・【ボクシング】井岡の表彰式で目立ちすぎのラウンドガールは、ミスマガジンの岡田佑里乃

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧