TOP > 試合結果 一覧

【世界柔道】阿部詩、リオ五輪金&銅選手らに一本勝ち決め世界2連覇達成

2019/08/26(月)UP

袖釣込腰で投げ、一本勝ちで世界2連覇を決めた阿部詩

 8月26日(月)、日本武道館において世界柔道選手権・東京大会の2日目が行われた。

 女子52kg級で2連覇を狙う阿部詩(19=日体大)は初戦となった2回戦、そして3回戦も一本勝ちで勝ち上がり、準々決勝では判定勝ちとなったものの、続く準決勝では2016年リオ五輪女子52kg級金メダリストのマイリンダ・ケルメンディ(28=コソボ)との初対決に挑み、ゴールデンスコア(延長戦)で互いに指導2つでの崖っぷち(指導3つで失格)。阿部が腕がらみで相手を転がし、横四方固めで一本勝ち。決勝に駒を進めた。

金メダルを持ち入賞者たちと笑顔を見せた阿部詩(左から二人目)

 兄の阿部一二三(22=日体大)が準決勝で姿を消し、2年連続の兄妹優勝の夢は消えたが、決勝ではリオ五輪女子52kg級銅メダリストのナタリア・クジュティナ(30=ロシア)に対し開始30秒で得意の袖釣込腰で一本勝ち。2連覇を決めた。

 阿部は「決勝に挑む前から必ず一本勝ちをすると強く決意して挑んだ」と会見で語った。リオ五輪の金メダルと銅メダルを一本勝ちで下した阿部、実力は本物だ。来年の東京五輪の金メダル獲得が期待される。

●編集部オススメ

・【柔道】阿部一二三、丸山城志郎に技ありを奪われ3位に。兄妹優勝ならず

・”モデルでも注目” 世界連覇の18歳ビロディド、次は夢の東京五輪へ

・ウクライナの”美しすぎる柔道家”が世界連覇、日本は男女とも優勝逃す

・柔術に励むHカップレスラー白川未奈、柔道へのリベンジとスーパーボディ級王座への興味

・“マッチョすぎるヤワラちゃん”渡辺華奈がポーランドの現役軍人を下し無敗記録を更新

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧