TOP > 試合結果 一覧

【修斗】12年ぶり参戦の髙谷裕之は世界王者・斎藤に壮絶1RKO負け、田丸匠は魚井のフルスイングに耐え競り勝つ

2019/09/22(日)UP

フィニッシュとなった斎藤の右フック、この後高谷は崩れ落ちていく

サステイン
『SHOOTO 30th ANNIVERSARY TOUR 第7戦』
2019年9月22日(日)東京・後楽園ホール

▼セミファイナル 第7試合 フェザー級 5分3R
○斎藤 裕(パラエストラ小岩/同級世界王者)
KO 1R1分15秒 ※パンチラッシュ
●髙谷裕之(EXFIGHTFARM)

開始直後、快調な高谷(右)のパンチが斎藤をとらえる

 2003年に修斗でデビューした髙谷、ストリートで磨いたワンパン(パンチ一発)を武器にすぐさま頭角を現した。その後もHERO’S、DREAM、パンクラス、RIZINと様々な団体に参戦し、世界の強豪と渡り合い12年ぶりに修斗に凱旋した。

 斎藤は2016年にプロ14戦目で世界王座を獲得。翌年4月の初防衛戦では宇野薫を、18年5月にはリオン武をそれぞれ判定で下している。今年に入り海外選手に判定で2敗しており、今回が再起戦だ。

うつ伏せに崩れ落ちた高谷。レフェリーが即座に試合を止めた

 1R、ケージの中央でどっしり構える髙谷の周囲を回りながら左ジャブ、左ローを放つ斎藤。髙谷は斎藤のローにカウンターを合わせ、浅く右ストレートをヒットさせる。しかし、斎藤の右フックがヒットすると髙谷がぐらつき、すかさず斎藤は追撃の左フック。

 下を向きながら後退する髙谷へパンチの連打を浴びせ髙谷がうつ伏せに崩れ落ちたところでレフェリーが即座に試合を止めた。電光石火の75秒のKO劇。敗北を告げられた髙谷は何が起こったかわからないというようは表情を見せていた。

勝ったぞー!と雄叫びを上げる斎藤

 斎藤はマイクを握ると「勝ったぞー!」と雄叫びを上げ、対戦相手の大先輩・髙谷へ礼を述べた。そして「これだけの方々に応援してもらって、背中を押してもらいました。まだまだ上を目指してやっていきます」と観客席へ宣言した。

▶︎次ページはメインの岡田遼vs安藤達也の環太平洋タイトルマッチ

●編集部オススメ

・“番長”高谷裕之が12年ぶりの修斗参戦「若い人達に何かを伝えたい」

・岡田遼が祖根寿麻を初回KO、新王座に就く=2019年1月

・安藤達也が逆転一本勝ちで「修斗最高」=2019年3月

・フルスイング炸裂! 魚井が豪腕RIZINデビュー=2019年6月

・全員グラドルの2019年ラウンドガール6名、イメージカラーは赤

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧