TOP > 試合結果 一覧

【シュートボクシング】海人がベイノアを判定で下して大晦日参戦アピール、町田光がバックドロップ決め判定勝利

2019/12/03(火)UP

SB2戦目で現王者・西岡(右)を撃破した町田(左)

▼第8試合 63.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
●西岡蓮太(龍生塾/SB日本ライト級王者)
判定3-0 ※三者とも28-30
◯町田 光(橋本道場/WPMF世界スーパーフェザー級王者)

 西岡はSBライト級王者として君臨し、これまでKNOCK OUTの舞台で活躍している大月晴明、元KNOCK OUTスーパー・ライト級王者・不可思などの強豪を次々と撃破してきた。

 対する町田は刀を振りぬくように腰からパンチを繰り出す必殺の「居合パンチ」などトリッキーな必殺技を武器に多くのタイトルを獲得。今年6月にSBに初参戦して村田聖明を相手に見事なバックドロップを決めるなどフルマークの判定勝利を収めているが今回はSB日本王者の西岡と対戦だ。

 1R、西岡が接近してパンチを狙っていくと町田はSBのお株を奪う投げを狙って組み付くなどSBルールに適応し積極的に攻める。2Rも序盤から西岡が長い距離からの右フックを出していくと、町田はあからさまに投げを狙って組み付くが、投げに至らずも、居合いパンチの体勢を見せるなど会場を沸かせる。西岡は強烈な右ボディをヒットさせると、町田は飛び込んでの右フックを返す。ジャッジのここまでのポイントではドロー。

バックドロップで西岡を投げる町田

 3Rには西岡に逆に投げられてしまうが、これはポイントにならず。西岡は前進して左フックからの右ストレートを振るっていくが、やはり町田は打ち合いには応じず組みついて投げを狙っていく。町田が西岡をこかす場面が増える。

 西岡は終盤にパンチで前進すると町田はラスト30秒で必殺のバックドロップ。これが見事に決まってシュートポイント2を町田が獲得。その後すぐに西岡が前進するが終了のゴング。SB王者に町田が勝利した。


SBvs新日本キック対抗戦第一弾で重森(左)が笠原(右)に僅差の判定勝ち

▼第7試合 61.5kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
●笠原弘希(シーザージム/SB日本スーパーフェザー級王者)
TKO 2分34秒 ※左ヒジによるカット
◯重森陽太(伊原道場稲城支部/WKBA世界ライト級王者、第10代新日本キックボクシング協会バンタム級王者、第9代新日本キックボクシング協会フェザー級王者)

 笠原は昨年9月、念願のSB日本フェザー級王座を獲得。今年の6月大会では前SB日本スーパーバンタム級王者・ 内藤大樹との接戦を制し、前戦の9月のSB日本スーパーフェザー級タイトルマッチでは王者・深田一樹を2RKOで下して二階級制覇を達成している。SB新エース候補が他団体のエースを迎え撃つ。

 対する重森は”神撃キッカー”の異名を持ち、多彩な蹴り技を武器に22歳にして新日本キックボクシングで2階級制覇の偉業を達成。今年7月にはWKBA世界ライト級王座を戴冠した、現在の新日本キック・エースと言える存在だ。

 1R、重森が距離をとって右に回って左ロー、左ミドルと蹴りを効果的に当てていくと、笠原は鋭い右ローを返す。笠原は距離感が遠い重森に対して、中に入ってパンチを繰り出すがこれは空を切る。重森は徹底して左右ミドルを蹴っていく。

 2R、1R同様に距離を取って回る重森に対して、笠原がフェイントを入れながら積極的にプレッシャーをかけていく。一貫して左ミドルや右ローを走らせる重森に笠原は左フックをヒットさせて強烈な右ボディまで繋ぐ。重森も笠原のパンチにミドルやローなどの蹴りで対抗する。

 3R、笠原が右ローをヒットさせてワンツーを振るっていく。重森は右に回って左右のロー、ミドルを蹴りを散らしていく。終盤まで両者は蹴りを交換し合い、最後は笠原が被せる右フックをヒットさせた。3R終わって両者大きな差はなく勝負は判定に。30-29で1者が笠原を支持、残りの2者は30-30でイーブンと付けて延長戦に突入することになった。

 延長R、序盤から距離が近づき左ミドルを交換する両者。笠原の前進を重森は前蹴りで突き放す。それでも前進を止めない笠原は、左右フックで打ち合いに持ち込もうとするが、重森は右に回って打ち合いには付き合わない。笠原が前進してパンチを振るおうとしたところに、重森が左横ヒジをヒットさせると、カットしてドクターチェックが行われる。会場がざわめく中、まさかのドクターストップで重森がSB初戦をTKO勝利で飾った

●編集部オススメ

・海人、ベイノアの空手仕込みの後ろ廻し蹴りを警戒

・極真最強を目指すRISE王者のベイノア、世界王者・海人戦に自信

・16歳の無敗女王・女神が、ムエタイ戦士と初対決

・新日本エース・重森陽太が殴り込み、笠原弘希との王者対決が実現

・町田光、出るか居合パンチ改! 6連勝中の若き王者・西岡蓮太と対戦=12.3 TDCホール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧