TOP > 試合結果 一覧

【BOM】伊藤紗弥が奥脇奈々を完封し完全復活、WMCタイトル戦4試合で新王者が誕生

2019/12/08(日)UP

伊藤紗弥が1年ぶりの再起戦で奥脇奈々を完封、完全復活を遂げた

BOMプロモーション
『The Battle Of Muaythai BOM2-6 Part I』
2019年12月8日(日)東京・ニューピアホール

▼メインイベント 第10試合 WMC ピン級 2分5R
○伊藤紗弥(尚武会)
判定3-0 ※50-45、50-46、50-45
●奥脇奈々(エイワスポーツジム)

※この試合の動画(ノーカット)はこちら

全般を通じて伊藤の右ローが試合を支配、奥脇の前進を阻止した

 伊藤は4歳の頃からムエタイをはじめ、僅か13歳でWPMF女子世界ピン級暫定王座を獲得。その後は世界三冠王となり“天才ムエタイ少女”として名を馳せた。約5年間負けなしの快進撃を続けていたが、2018年12月に小林愛三と48kg契約で対戦し、判定で敗北。今回1年ぶりの試合となる。
 対する奥脇は日本ムエタイ界を賑わす「奥脇三兄弟」の長女であり、兄・一哉、弟・竜哉に負けないアグレッシブなファイトを身上とする。今年6月のWBC女子日本ピン級王座戦ではタフなファイトを見せたが惜しくもスプリットで判定負け。今回は再起戦で世界三冠王者に挑む。

奥脇は前進しパンチで活路を切り開くが、伊藤の距離を潰すことはできなかった

 伊藤がプレッシャーをかけ、左前蹴り、右ローで奥脇を押し込む。奥脇もパンチを返すが、伊藤が小さく下がり届かない距離へ。伊藤のローのバチンと大きな音が響く。2Rも奥脇が小さく出入りするが伊藤の左ミドル、右ローが一方的にヒット。接近すればヒザを奥脇のボディに叩き込む。

 3R、伊藤の右ローが何度も奥脇の左前足をとらえ、奥脇の前進を阻む。動きの止まった奥脇へ左テンカオ、接近すればヒジを見せる伊藤に、奥脇は入り際に左フックを狙い浅くヒットさせる。4Rも左右のミドル、ローで奥脇を後退させ、至近距離では横薙ぎの右ヒジ。奥脇は大ぶりのフックを振るうが伊藤には届かない。

1年ぶりの勝利に笑顔を見せる伊藤

 5R、右ミドルで前進し右ヒジを2発奥脇にヒット。奥脇の視点が定まらないためかドクターチェックが入るが、大事には至らず再開。最後は奥脇も力を振り絞りパンチを振るうが、クリーンヒットは奪えないまま終了のゴング。伊藤がフルマークの判定勝利を収め、1年ぶりの再起を飾った。

※この試合の動画(ノーカット)はこちら

●編集部オススメ

・“天才ムエタイ少女”伊藤紗弥、「(那須川)梨々さん、寺山日葵選手と対戦したい」

・竜哉の姉・奥脇奈々、天才・伊藤紗弥との一戦も「怖いというよりワクワク」

・WMCタイトルに挑むムエタイOP王者・雅駿介「年内最後の試合、楽しむ」

・[第2部メイン]スアキム、強打のチャンヒョン・リーとは「必ず打ち合いになる、決して逃げない」

・美女キックボクサーぱんちゃん璃奈、初グラビアに「鍛え上げた身体を見て」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧