TOP > 試合結果 一覧

【クインテット】桜庭・五味のPRIDEチームがUFCと互角の接戦も勝ち譲る

2019/12/13(金)UP

MMA団体名を冠した4チームによるグラップリング対抗戦は、チームUFCが制した(前列・赤いユニフォームの5名)

『QUINTET ULTRA』
2019年12月12日(木・現地時間)アメリカ ラスベガス・レッドロックカジノ

 桜庭和志(50=フリー)がプロデュースするプログラップリング(組み技)イベント『クインテット』のラスベガス大会、『QUINTET ULTRA』が12日(日本時間13日)、ラスベガス・レッドロックカジノで開催された。

『クインテット』は5人で1チームを結成し、グラップリングルール(打撃無し、組み技のみ)による勝ち抜き戦で勝敗を争うイベント。今回はラスベガスを舞台に、UFC、PRIDE、WEC、Strikeforceの各MMA団体が集結。チームを結成し優勝を争った。

桜庭はUFCチームの大将・バーンズと時間いっぱいのファイトを展開した

 1回戦では『Team UFC』と『Team PRIDE』が激突。PRIDE側は五味隆典が先鋒で出場するもショーン・オマリーにギロチンチョークで敗退、いきなり姿を消してしまう。しかしその後はヘクター・ロンバートとグレゴー・グレイシーが一本勝ちする活躍を見せ、2人残しの状態でUFC側の大将、ギルバート・バーンズを引き出すことに成功する。しかし現在もUFCで力を発揮するバーンズはPRIDE副将のイーブス・エドワーズをチョークで沈め、大将の桜庭とも時間いっぱいのファイトを展開。勝負は判定に持ち込まれ、『Team UFC』が決勝に進出した。

 1回戦、もう1試合は『Team WEC』と『Team Strikeforce』の対戦で、Strikeforceの次鋒ジェイク・シールズが2人抜きをした後で引き分けとなり、3人を下す活躍。この結果が響き、Strikeforceが大将のヘナート・ババルを残し、UFCの待つ決勝へと上がった。

『Team UFC』と『Team Strikeforce』の決勝は実力伯仲の展開となり、両チーム一歩も譲らない。なんと先鋒から大将戦まで全試合が引き分けとなり決着がつかず。しかし大将戦ではギルバート・バーンズ(UFC)がジェイク・シールズ(Strikeforce)に対し指導を奪い、これが勝敗を分け、UFCが判定勝ち。MMA世界最高峰の団体がクインテットでも優勝を果たした。

 また3試合行われたスーパーファイトではADCC2019無差別級世界王者でグラップリングの第一人者ゴードン・ライアンが膝十字でアレクセイ・オレイニクを一蹴、美女グラップラーのダニエル・ケリーが大会随一の秒殺を見せ、クレイグ・ジョーンズも古豪パイシャオンをチョークで仕留めた。

▶次のページは決勝戦の写真&レポート

●編集部オススメ

・桜庭和志・五味隆典が『チームPRIDE』で参戦、『チームUFC』らと対戦=12.12ラスベガス

・[クインテット秋田大会]桜庭和志が五味隆典と「鉄人ルール」で接戦も勝利

・優勝は10th Planet、山本美憂vs湯浅麗歌子は湯浅が一本勝ち=2019年4月

・【UFC】ホロウェイ弱体化か、「小さくまとまっては危険」と高阪剛が警鐘

・【修斗】宇野薫が3年半ぶりの涙の勝利、倉本一真は驚異のジャーマン8発で根津優太を粉砕

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧