TOP > 試合結果 一覧

【BOM】朝陽がKO勝利でWBC王座奪取、MIREYが強打で奥脇奈々を下し新王者に=第1部

2020/02/09(日)UP

朝陽がシンウドンをKO撃破、WBCムエタイ世界王座を奪取

BOMプロモーション
『The Battle Of Muaythai BOM2-7 Part I』
2020年2月9日(日)東京・新宿FACE

▼第11試合 WBCムエタイ 世界 スーパーバンタム級(55.34kg) 王者決定戦 3分5R (延長なし)(肘あり)
●シンウドン・ウッウドン(タイ)
KO 2R1分44秒 ※右ロー
○朝陽・PKセンチャイジム(P.K.SAENCHAI MUAYTHAI GYM)
※朝陽が新王者に

※この試合の動画(ノーカット)はこちら

朝陽は得意の左ボディからアッパーのコンビネーションをよく当てる

 朝陽は名高・エイワスポーツ、竜哉・エイワスポーツと並ぶ日本ムエタイの名門・エイワスポーツジムの期待の新星。
 18歳の若さながら、すでにムエサイアム・イサーンバンタム級、ルンピニージャパンスーパーバンタム級、MA日本フライ級の3本のベルトを獲得。昨年12月にはIBFムエタイ・WBCムエタイ統一世界バンタム級王者であるペットチャワリット・ソーチットパッタナに挑むも2度のダウンを奪われ完敗。今回再起戦で適性階級であるスーパーバンタム級のベルトに挑む。

 1R、朝陽が一気に距離を詰め左ボディから右ローをヒット。強打を警戒してか、シンウドンは手を出さずガードを固める。幾度となく飛び込んだ朝陽の左ボディがシンウドンの腹をとらえるが、シンウドンはおどけた様子で余裕を見せる。終盤に朝陽の打ち終わりを狙ったシンウドンの右ローがヒット。

最後は右ローでダウンを奪取、WBCのベルトを手に入れた

 2R、リラックスした様子のシンウドンが強い左ローを打ち込むと朝陽もボディからアッパーの左ダブルで応戦。このダブルから左ローを受けるとシンウドンは明らかに効いた様子。一気にロープ際に詰めた朝陽の強烈な右ローがシンドウンの足をとらえるとたまらずシンウドンがダウン。そのまま10カウントを聞き、朝陽が痛烈なKO勝利でWBCムエタイ世界のベルトを手にした。

 緑のベルトを腰に巻いた朝陽はマイクを握ると「ずっとONEに出たくて。絶対ONEに出たら活躍する」とONE参戦をアピール。そして「これからもBOMのリングにもたくさん上がります」とホームであるBOMのリングも大切にする朝陽らしいコメントを残しリングを降りた。

※この試合の動画(ノーカット)はこちら

▶︎次ページは奥脇 奈々vsMIREYのWMC王座戦

●編集部オススメ

・朝陽・PKセンチャイジムが12月のリベンジ胸にWBC王座戦に挑む、柿沼慶はIBF王座戦へ

・奥脇奈々が計量パス「朝・夜猛練習した」MIREYはスピードに自信

・ラジャ王者の竜哉がWPMF世界王座に挑戦、KO負けならラジャ王座返上

・奥脇奈々、ぱんちゃん璃奈とも流血戦のMIREYと王座戦「バチバチに打ち合う」

・20歳になった天才ムエタイ少女・伊藤紗弥と奥脇奈々が計量パス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧