TOP > 試合結果 一覧

【NJKF】二階級制覇の前田浩喜、長身スイッチファイター・ロベルトに屈しISKA王座に届かず

2020/02/16(日)UP

畠山がKO勝利で王座防衛に成功し、今大会MVPにも選ばれた

▼メインイベントⅠ NJKFスーパーライト級タイトルマッチ 3分5R
〇畠山隼人 (E.S.G)NJKFスーパーライト級王者
KO 2R 2分46秒 ※連打
●真吾YAMATO (大和)NJKFスーパーライト級1位
※畠山が王座防衛に成功

 両者は18年6月にNJKFスーパーライト級王座決定戦で対戦。ストレートで畠山をスリップダウンさせる場面を作った真吾だが、畠山が剛腕フックでとらえて初回KO。ベルトをものにした。

 1R、184㎝で長身の真吾はリーチを活かして距離を取り蹴りを当てる。組んでもヒザを連打で送り、畠山のパンチが活きる危険な距離を避け、勝ちに来ているのが感じられる。

 2R、距離の取り合いを制されそうになった畠山だが、パワーと圧力で前に出て左フックを当て、まず真吾の腰を一瞬落とさせる。畠山はそこからジャブを当ててパンチの距離を掴んだか、右フックでダウンを奪う。逃れたい真吾だったが、放物線を描いて飛んでくる畠山のパンチを避けられず右フックで2度目のダウンを喫し、最後は畠山が連打を集めたところでレフェリーが試合を止めた。

 試合後マイクを向けられた畠山は「僕のいいところなのか悪いところなのか、振り回して勝利しましたが、みなさんの応援のおかげで試合ができてます。防衛できたんで、みなさんにもう少し希望の持てる試合ができればと思います。頑張ります」と安堵の表情を浮かべた。なお、畠山は今大会のMVPにも選出された。

●編集部オススメ

・二階級制覇・前田浩喜が1年8ヶ月ぶりの復帰、ISKAインター王座をイタリア王者と争う

・健太の強さを支えるフルーツ健康法とは

・大田拓真が2020年初出撃、“NJKFの顔”目指し「KOを増やして有名になりたい」

・ラウンドガールユニット「PPP」誕生

・SB女王の女神とミネルヴァ女王sasoriが計量パス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧